清水が北川の復帰弾など3-3ドローに持ち込む! 今夏新加入の乾も途中出場。鳥栖は2点リードを追いつかれる

清水が北川の復帰弾など3-3ドローに持ち込む! 今夏新加入の乾も途中出場。鳥栖は2点リードを追いつかれる

復帰戦でいきなりゴールを決めた北川。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 7月31日にJ1第23節の清水エスパルス対サガン鳥栖がIAIスタジアム日本平で開催。試合は3-3の引き分けに終わった。

 立ち上がり4分、いきなり試合が動く。先制したのは鳥栖。前線へのロングボールをFW岩崎悠人が上手く収め、右足を一振り。強烈なボレーシュートでネットを揺らした。

 勢いに乗る鳥栖は30分、追加点をゲット。敵陣でボール奪取に成功すると、ショートカウンターからFW宮代大聖のパスを受けた長沼がダイレクトでニアサイドを撃ち抜いた。長沼は移籍後初ゴールとなった。

 2点のビハインドを負った清水に42分、ビッグチャンスが訪れる。MF後藤優介のクロスをDF片山瑛一がトラップしてボレーシュート。GK朴一圭が弾き、そのこぼれ球にチアゴ・サンタナが詰めたが、枠を捉えることはできず。試合は鳥栖の2点リードで前半を折り返す。
 
 迎えた後半は一進一退の攻防が続くなか、61分、清水は左サイドをえぐったDF山原怜音のクロスにMF白崎凌兵が合わせる形で1点を返す。

 清水はその2分後、今夏の新加入MF乾貴士、3年ぶりに清水に復帰したFW北川航也、10番MFカルリーニョス・ジュニオを投入してギアを上げる。

 65分、北川のパスに抜け出したC・ジュニオが、GKと1対1の場面を迎えたがシュートは枠を外れた。75分には、ドリブルで左サイドを持ち上がった乾のラストパスから北川がダイレクトで狙ったが、シュートはGK朴一圭の正面。

 清水の反撃を凌いだ鳥栖は80分、リードを再び、2点差に広げる。MF堀米勇輝がペナルティエリア手前中央で相手DFを一人かわし左足一閃。弧を描いたシュートがゴールに吸い込まれる。

 突き放された清水だが81分、裏に抜け出したチアゴ・サンタナがゴール前に突き進み、シュートは打ち切れなかったが、こぼれたボールを北川が流し込んで1点差に詰め寄る。

 さらに83分、山原のピンポイントクロスからT・サンタナが鮮やかなボレーシュートを決めて3-3に。その後スコアボードは動かず、タイムアップ。激しい乱打戦は勝点1を分け合う結果となった。

 次節は8月7日、清水はアウェーでFC東京と、鳥栖はホームでジュビロ磐田と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】チームの歴史が一目でわかる!清水エスパルスの「歴代集合写真」を一挙紹介!

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?