ほぼ蹴った瞬間にゴールラインを割る…ローマ加入ディバラの“史上最悪のCK”が反響!「やはり彼は特別だ」

ほぼ蹴った瞬間にゴールラインを割る…ローマ加入ディバラの“史上最悪のCK”が反響!「やはり彼は特別だ」

プレシーズンマッチでらしからぬミスを犯したディバラ。(C)Getty Images



 期待の新戦力が犯した衝撃のミスキックが、注目を集めている。

 現地時間8月7日に開催されたプレシーズンマッチで、ローマはウクライナのシャフタール・ドネツクと対戦し、5−0で大勝を収めた。今夏にユベントスから同じイタリアの名門に活躍の場を移したパウロ・ディバラは、決勝点をアシストした先月30日のトッテナム戦に続き、先発出場。すると、開始わずか4分で盛大にやらかす。

 左サイドでCKを獲得し、キッカーを務めるも、上手くミートできず。低弾道のクロスは、ほとんど蹴った瞬間にゴールラインを割ってしまったのだ。
【動画】ほぼ蹴った瞬間にアウト…ディバラが見せた“史上最悪のCK”
 その後、中継のカメラがコーナーエリアをズームアップすると、ボールを蹴るには理想的ではない芝の状態が明らかになったとはいえ、実況も思わず「What a corner from Dybala!」と伝えた、名手らしからぬミスはたちまち話題に。

 英メディア『SPORT BIBLE』は「サッカー史上最悪のコーナー」と報じているほか、ツイッター上では世界中のファンから「なんてこった」「時間稼ぎでレッドカード」「やはり彼は特別だ」といった驚きの声が上がっている。

 もっとも、試合を通しては、随所でキレのある動きを見せた28歳のアルゼンチン代表FW。名将ジョゼ・モウリーニョのもと、主役級の活躍を見せられるか。ローマは今週14日、昇格2年目のサレルニターナとのセリエA開幕戦を迎える。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】キレキレのターンから強烈シュート!全盛期復活を思わせるディバラのプレーをチェック

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

関連記事(外部サイト)