「止めるのが難しかった」CL王者を相手に奮闘した鎌田大地に海外注目!「マドリーを煩わせた」

「止めるのが難しかった」CL王者を相手に奮闘した鎌田大地に海外注目!「マドリーを煩わせた」

マドリー相手に奮闘を見せた鎌田(左)。(C)Getty Images



 昨季ヨーロッパリーグ王者のフランクフルトは8月10日、欧州スーパーカップでチャンピオンズ・リーグの覇者レアル・マドリーと対戦し、0-2で敗れた。鎌田大地が先発フル出場し、長谷部誠は出場機会がなかった。

 開始14分、鎌田は先制の絶好機を迎えた。敵陣でボールを奪い、素早くつないだ味方のお膳立てに反応。相手守備のギャップを突いてゴール前に走りこむと、左足のグラウンダーのシュートでゴールを狙ったが、マドリー守護神ティボー・クルトワのセーブに阻まれる。
【画像】ビッグチャンスをクルトワが好セーブ。鎌田は天を仰ぐ

 すると、フランクフルトは37分にCKの流れからダビド・アラバに先制点を献上。ビハインドを背負って迎えた後半、65分にカリム・ベンゼマの追加点で力尽きた。
 
 欧州王者相手に持ち味を発揮した鎌田のパフォーマンスについて、第三者となるイタリアのメディア『TUTTOmercatoWEB』は及第点の6点をつけている。

「マドリーのボールホルダーに最初にプレスをかける選手だった。フランクフルトが攻めようと前に出たときに、マドリーをいくらか煩わせることができた」

 また、『EUROSPORT』も同じく6点という採点だった。

「フランクフルト先制の機会を得たが、クルトワに止められた。ボールを持って攻撃するときは止めるのが難しかった」

 先制の好機を逸したことは、鎌田自身が誰よりも悔しく思っているだろう。13日の次戦で雪辱を狙っているはずだ。ブンデスリーガ開幕戦でバイエルンに1-6と大敗したフランクフルトは、第2節でヘルタ・ベルリンと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】試合後、マドリーの選手から健闘を称えられる鎌田らフランクフルトの面々

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【PHOTO】絶世の美女がずらり! C・ロナウドの“元恋人&パートナー”たちを年代順に一挙公開!

関連記事(外部サイト)