「アメージング!」バイエルンが新サードユニホームを発表! “カードゲーム”がモチーフのデザインに戸惑いの声も「地味だなあ」

「アメージング!」バイエルンが新サードユニホームを発表! “カードゲーム”がモチーフのデザインに戸惑いの声も「地味だなあ」

昨シーズンのサードユニからどう変わった? (C)Getty Images



 現地時間8月10日、ブンデスリーガのバイエルンが新シーズンのサードキットを発表。赤いホームキット、白とゴールドのアウェーユニホームに続く、新たなデザインが現地でも大きな反響を呼んでいる。

 バイエルンが「今季のチャンピオンズ・リーグの試合での着用が主な目的」と説明を添えているサードユニは、ドイツの伝統的なカードゲーム『Schafkopf』がテーマになっているという。ベースはダークグレーで、赤いストライプとクラブロゴが入ったシンプルなデザインだ。トランプのマークのように、どんぐり(クラブ)、草(スペード)、ハート、金(ダイヤモンド)のモチーフが散りばめられ、首元後ろにはクラブのスローガンである「Mia San Mia」が描かれている。
【画像】ミュラーやゴレツカも「お気に入り」と公言する、バイエルンのサードユニホームをチェック
 サードキットのモデルを務めたトーマス・ミュラーは公式HPを通じて「シャフコップは誰もが親しむカードゲームであり、バイエルンの一部だ。このジャージは僕らの”切り札”となるだろう!」と大いに気に入っている様子だ。

 ミュラーやレオン・ゴレツカ、キングスレー・コマンらも着用した新ユニの写真がクラブの公式SNSでシェアされると、ファンからは様々な反応が。「今シーズンの3つのキットの中で一番いい」「美しい!」「シンプルなデザインが戻ってきた。うれしい。泣きそう」「アメージング」といった称賛の声が多く上がっている一方で、「15-16シーズンのコピー?」「どこかで見たようなデザイン」「地味だなあ。次のテーマはオクトーバーフェストで派手に頼むよ」といった声もみられた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】ベースカラーは昨季の黒から、白にチェンジ! フランクフルト長谷部誠の着用姿をチェック

【画像】シンプルな縦ストライプに注目! ベリンガム、ロイスが着用したドルトムントの来季ホームキットをチェック

関連記事(外部サイト)