「逆デルピエロゾーン」浦和モーベルグのコントロール先制弾が反響!「素晴らしい決定力!」

「逆デルピエロゾーン」浦和モーベルグのコントロール先制弾が反響!「素晴らしい決定力!」

モーベルグが先制弾を決めた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 背番号10が得意の左足で開始早々に先制点を生み出した。
 
 浦和レッズは8月13日、J1第25節でジュビロ磐田とアウェーで対戦。開始5分にダヴィド・モーベルグがゴールを決めた。

 小泉佳穂が相手のパスをカットすると、左サイドをドリブルで前進し、逆サイドに走り込んでいたモーベルグにパスを通す。スウェーデン人MFは右足でトラップすると、左足でコントロールシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。
 
 試合を中継するDAZNの公式ツイッターが「見事なこの左足。ダヴィド・モーベルグが開始早々に先制弾」と題してゴールシーンをアップロード。投稿にはファンから「逆デルピエロゾーン」「素晴らしい決定力!」「上手すぎる。畳みかけよう」「なんなく決めるモーベルグすごい!」といった声が上がった。

 試合はその後、13分に小泉が追加点を決めて、浦和の2点リードで推移している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】浦和モーベルグが開始5分に決めたコントロール先制弾!

【J1第25節PHOTO】磐田0−6浦和|敵地で圧巻のゴールショー!今季最多の6得点で勝利し7位浮上!

関連記事(外部サイト)