「コウの潜在能力を信頼している」ボルシアMG指揮官、板倉滉の獲得理由と改善ポイントに言及「最終評価にはまだ早すぎる」

「コウの潜在能力を信頼している」ボルシアMG指揮官、板倉滉の獲得理由と改善ポイントに言及「最終評価にはまだ早すぎる」

ドイツ1部で上々の滑り出しを見せている板倉。ここまでの2試合はCBでフル出場。(C)Getty Images



 今夏にブンデスリーガのボルシアMGに加入した板倉滉。この日本代表DFを獲得した理由について、ダニエル・ファルケ監督が改めて口を開いた。

 ブンデスはリーグ開幕から2節を終え、ボルシアMGは1勝1分で3位につけている。8月19日にはヘルタ・ベルリンとの対戦が控えており、ファルケ監督が前日会見に出席。現地紙『Tagesspiegel』がその会見で指揮官が板倉に言及したことを伝えている。

 板倉はここまでの2試合にCBとしてフル出場しており、初戦のホッフェンハイム戦ではアシストも記録。続くシャルケ戦では現地紙の評価でチーム内最高評価を得るなど評判は高まっており、ヘルタ戦でも先発が予想されている。

 その日本人DFについて「次はどちらで起用するのか?」と記者から質問を受けると、ファルケ監督は「コウを獲得する前から、彼はCBと守備的MF、どちらもこなすことができると分かっていた。それが彼を獲得した理由でもある」と応じている。
【動画】板倉が何度も食らいつく! 元同僚ビュルターとの白熱のマッチアップをチェック
「彼は、今週は水曜日からチームトレーニングに参加した。なかなか良い感じだ。シャルケ戦では間違いなく並外れたプレーをした。しかし、彼にとってのブンデスリーガの経験はまだたった2試合しかない。もちろん、獲得したことはとても喜ばしいし、コウがいてくれて良かった。だが、最終的な評価を下すにはまだ早すぎる。本当の意味で試されるのはこれからだ」

 そして、CBとしても「まだまだ改善の余地がある」と述べた。

「CBとして振る舞うとき、『そこではもっと違うプレーをしなければいけない』と注意すべき部分も、改善すべきポイントもある。もっと状況を良くできた。もちろん、彼のポテンシャルなら100パーセント、適応できるだろう。素晴らしい選手だ。私はまず良いパフォーマンスを望む人間だし、彼はそれに応えてくれた。少なくともCBのポジションでは間違いない。

 守備的MFでもシャルケでは卓越したプレーを披露していた。だが、それはあくまで2部のレベルだ。ブンデスでの資質を証明してはいない。その機会にはまだ恵まれていないんだ」

 釘を刺したファルケ監督だが、「私はコウの潜在能力に全幅の信頼を置いている」とも。その素質を高く評価しているだけに、今後の起用法にも注目が集まりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】日本代表DF、吉田と板倉が対戦! 試合のハイライトをチェック

【PHOTO】2022年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?