浦和がACL8強入り! モーベルグの2発などでジョホールに5-0完勝、ゴールラッシュで決勝T初戦突破

浦和がACL8強入り! モーベルグの2発などでジョホールに5-0完勝、ゴールラッシュで決勝T初戦突破

浦和がモーベルグがのゴールなどで5発快勝。ベスト8進出を決めた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 浦和レッズは8月19日、ACLのラウンド16でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)と対戦し、5-0の快勝を収めた。

 準優勝を果たした2019年大会以来、3年ぶりのACLに臨む浦和は、ノックアウトステージ初戦で、国内リーグ8連覇中のマレーシアの強豪と激突。試合は開始早々に浦和が先制する。

 7分、松尾佑介がペナルティエリア内で相手GKのタックルを受けて倒され、PKを獲得。これをアレクサンダー・ショルツが右足で冷静にゴール右下に沈める。

 勢いそのままに19分に追加点。ペナルティアーク手前中央でFKを得ると、キッカーのダヴィド・モーベルグが放った強烈なシュートは、壁の頭上を越えて、右ポストの内側を叩き、ゴールに吸い込まれた。

 その後も球際で勝ち切り、セカンドボールをことごとく回収。ポゼッションで上回り、テンポの良いパス回しから相手ゴールを強襲する。右サイドの酒井宏樹が積極的なクロスや、相手DFの裏への飛び出しから再三にわたりチャンスを生み出す。

 猛攻を仕掛けるなか、39分には3点目を奪う。ペナルティエリア手前右からの松尾のクロスがファーサイドに流れると、これを小泉佳穂が折り返し、最後はモーベルグが左足でゴールに流し込む。前半だけで3点をリードして折り返す。
 
 後半はジョホールの攻勢を受ける。61分には、最終ラインでのパス回しからボールを奪われ、フェルナンド・フォレスティエリに放たれたヘディングシュートは、ゴールラインギリギリで岩波がはね返し、事なきを得る。

 粘り強い守備でしのぐと、逆に速攻からチャンスを創出。79分、江坂任のスルーパスに抜け出したキャスパー・ユンカーのシュートは、相手GKに阻まれる。それでも85分、カウンターの流れからユンカーがネットを揺らし、4点目を奪う。さらに90+1分にもユンカーが決めてリードを5点に広げた。

 このまま最後まで集中して無失点に守り切った浦和がマレーシア王者を下し、ベスト8進出を決めた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】浦和モーベルグの圧巻FK弾! 強烈な左足シュートをゴール右隅に叩き込む

【PHOTO】再びのACL制覇へ!灼熱のタイでACLを戦う浦和レッズを厳選ショットで特集!

【PHOTO】世界に見せつけろ!圧巻の声援で選手を後押しする浦和レッズサポーター!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?