福岡がDF柳貴博の期限付き移籍契約解除を発表。信号待ちでの居眠りで酒気帯び運転が発覚

福岡がDF柳貴博の期限付き移籍契約解除を発表。信号待ちでの居眠りで酒気帯び運転が発覚

福岡が柳との契約解除を発表した。写真:滝川敏之



 アビスパ福岡は8月29日、北海道コンサドーレ札幌より期限付き移籍中のDF柳貴博が道路交通法違反(酒気帯び運転)で任意捜査されたと報告。28日付けで期限付き移籍契約を解除したと発表した。

 クラブによると柳は、26日の深夜に自宅で飲酒。翌27日の朝、アルコールの成分が体内に残ったまま、午前8時頃、自家用車でクラブハウスへ向かっていた途中、道中の交差点にて、信号待ちの際に居眠りをし、駆け付けた警察官の呼気検査にて基準値を超えるアルコールが検知されたという。
 
 これを受け、福岡の川森敬史代表取締役社長は以下のようにコメントを発表している。
 
「この度の不祥事により、弊クラブにご支援をいただいておりますスポンサー、ファン、サポーターの皆様をはじめ、関わる全ての皆様へご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。酒気帯び運転は、極めて危険な行為であり断じて許されない行為です。今回の事態を重く受け止め、選手・スタッフ、クラブ在籍者を対象に、管内の警察に協力を仰ぎ“交通安全講習会”を実施のうえ、コンプライアンス教育を再度徹底し、継続的な再発防止策に取り組んでまいります」
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?