「夏の大失敗」パリSG、6人の新戦力を獲得も…インテルDFの補強しくじりに失望!「カンポスSDは激怒している」

「夏の大失敗」パリSG、6人の新戦力を獲得も…インテルDFの補強しくじりに失望!「カンポスSDは激怒している」

このシュクリニアルをインテルは決して手放さなかった。(C)Getty Images



 パリ・サンジェルマンは、移籍市場最終日の9月1日に、バレンシアからスペイン代表MFカルロス・ソレールを獲得した。

 今夏はここまで、DFのノルディ・ムキエレ(←RBライプツィヒ)、MFのヴィティーニャ(←ポルト)、ファビアン・ルイス(←ナポリ)、レナト・サンチェス(リール)、FWのウーゴ・エキティケ(←スタッド・ドゥ・ランス)を補強しており、これで6人目の新戦力となった。

 ただ、重要な選手の補強に失敗してもいる。インテルのスロバキア代表CBミラン・シュクリニアルだ。

 スペインメディア『FICHAJES FUTBOL』は「PSGの夏の大失敗」と題した記事で、「彼を獲得するために可能な限りのことをしたが、パリ・サンジェルマンは、クリストフ・ガルティエ監督が自身のプロジェクトを強化するために不可欠であると考えた選手、シュクリニアルの補強を最終的に完了できなかった」と伝えている。

「(今夏の移籍市場の)結果は最適と見なすこともできるが、真実は、失望の痕跡が残っている。これはシュクリニアルのサインを完了できなかったために引き起こされたものだ」
 
 フランス紙『Le Parisien』によれば、パリSGは土壇場で7000万ユーロ(約98億円)という高額オファーを出したが、「インテルの抵抗を打ち砕くのに十分ではなかった」という。

 フランス紙『L’EQUIPE』によれば、補強上手で知られるルイス・カンポス新SDは「自分の目標が実現せずに激怒している」という。

 豪華なアタッカー陣は好調だが、相変わらず守備には不安を抱えているフランス王者。とりわけチャンピオンズリーグの舞台で、この補強失敗がどう響くか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?