「もう終わった」アザール、練習でもキレのないドリブルで“抜けない姿”に海外注目! ファンは辛辣「死に体を見るのはつらい」

「もう終わった」アザール、練習でもキレのないドリブルで“抜けない姿”に海外注目! ファンは辛辣「死に体を見るのはつらい」

トレーニングでのプレーが注目されているアザール。(C)Getty Images



 英メディア『SPORT BIBLE』は9月5日、「レアル・マドリーのトレーニング映像が流出した後、ファンは、エデン・アザールは終わったと考えている」と題した記事を掲載。マドリーのベルギー代表FWエデン・アザールの、練習での“キレのなさ”に注目した記事を掲載した。

 同メディアが注目したのは、攻撃者が守備者をかわしてシュートを放つマドリーの1対1の練習だ。「ベテランのMFルカ・ モドリッチは素晴らしいタッチを披露し、同僚のMFフェデリコ・バルベルデもクオリティを見せた。 しかし、ベルギーのウインガー、アザールは間違った理由でファンの注目を集めた」と伝え、こう続けている。 

「アザールは、ルーカス・バスケスを相手にするタスクを与えられたが、最初のトライで抜くのに苦労した後、シュートを放ったが、GKに簡単にセーブされた」  

【関連動画】「役立たずなのは明らか」と辛辣批判!英メディアが注目した“練習でも抜けない”アザール
 記事は、ファンから「アザールが死に体になっているのを見るのはつらい」「アザールはもう終わった」「アザールが役立たずなのは明らかだ」といった辛辣な声があると紹介。「ファンからは非常に厳しい評価だったが、アザールは動画の後半で得点した」と付け加えている。 

 2019年夏に加入して以降、まったく戦力になっていないアザール。今シーズンも出番が限られている状況だが、果たして輝きを取り戻せるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?