「信じられないような数字」ハーランドの“ゴール量産”にペップ上機嫌! CL初戦で2得点の22歳に同僚も賛辞

「信じられないような数字」ハーランドの“ゴール量産”にペップ上機嫌! CL初戦で2得点の22歳に同僚も賛辞

シティで圧巻のパフォーマンスを続けているハーランド。 (C)Getty Images



 現地時間9月6日、2022-23シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)が開幕。各地でグループステージ初戦が行なわれ、グループGのマンチェスター・シティは敵地でセビージャと対戦。4-0と快勝した。

 この勝利を引き寄せたのは、今夏に加入したばかりのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドだ。20分に先制点を叩き込むと、67分にもチームの3点目となるゴールを挙げ、自身の持つCL通算得点記録を25に伸ばした。

 ハーランドに加えて、フィル・フォーデン、ルベン・ディアスらスコアラーたちについて、試合後にジョゼップ・グアルディオラ監督は記者会見で「取るべくして取った。とても満足」と上機嫌に語っている。
【画像】「最高!」ハーランド自身もCL初戦を満喫! SNSで公開した”キメ写真”をチェック
「試合後の会見で、アーリングや彼のゴールについて話すのが日課になってきた。このルーティンを続けていけたらとてもいい。数字が物語ってるだろう。彼のキャリアはこれまでと同じようにまい進している。2つのゴールだけじゃない。彼はいつもそこにいるんだ。もっとゴールを決められると思っている。本当に、信じられないほどのゴールセンスを持っている。信じられないような数字を残しているし、これをもっと続けていく必要がある」

 また、先制点をお膳立てしたベルギー代表MFケビン・デ・ブライネも「彼はゴールを決めているから、試合に勝つのに大きく貢献している。ゴール以外の部分では、まだ適応しきれていない部分があって大変だろうけど、そのぶんエキサイティングだ。これからもっとレベルは上がると思う」と太鼓判を押している。

 ちなみに、CL出場20試合で通算25ゴールを記録するのは大会史上最速記録とのこと。加えて、データサイト『Opta』によれば、これまでパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・エムバペが保持していた22歳80日という最年少記録も、ハーランドは22歳47日で塗り替えている。

 この時点ですでに公式戦で通算12ゴールと驚異のペースで得点を量産しているハーランド。プレミアだけではなく、ヨーロッパの舞台でもゴールラッシュが期待できそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】度肝を抜くハーランドのプレミア今季10ゴール目! デ・ブライネの圧巻クロスにも注目

【動画】「ヤバすぎる」「新しいキング」とファン絶賛!ハーランドが前節に達成した衝撃ハットトリック

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?