“王様”から“大人”への変化。流通経済大MF熊澤和希はいかにして柏入りを掴んだのか?ネルシーニョ監督は守備面を評価【インタビュー】

“王様”から“大人”への変化。流通経済大MF熊澤和希はいかにして柏入りを掴んだのか?ネルシーニョ監督は守備面を評価【インタビュー】

来シーズンからの柏加入が決まった熊澤。流通経済大では1年時から主力としてプレーし、今年はチームの主将を務める。写真:安藤隆人



 柏レイソル入りが内定した流通経済大のMF熊澤和希。名門・流通経済大柏高では1年生からレギュラーを掴み、高2の時は同級生のCB関川郁万(鹿島)、1学年上のMF菊地泰智(鳥栖)、DF宮本優太(浦和)らとともにインターハイ優勝と選手権準優勝を経験。流通経済大に進んでからも1年時から主軸としてプレーし、今年はキャプテンとしてチームの先頭に立っている。

 一見、こう見るとエリート街道を歩んできたように見えるが、そこにはプライドの高い自分と必死に向き合いながら、徐々に大人になっていった人間のストーリーがあった。

 今回、個別インタビューをして、熊澤の心の内と今に至るまでの考え方の変化などに迫った。

――◆――◆――
 
「自分が周りと比べて秀でている特長だったり、このポジションが適性だとか、このポジションで生きていくといった明確な長所もあまりなかったので、そこが他者の評価を得ることが難しかったのではないかと自分なりに思っています」

 熊澤は高校、大学にかけてFW、トップ下、インサイドハーフ、サイドハーフ、ボランチ、アンカーと、複数のポジションを器用にこなしてきた。

「(流通経済大柏)高校の榎本雅大コーチ(現・監督)、齊藤礼音コーチ(現・ヘッドコーチ)に『いろんなポジションができることがお前の特長だ』と言われてやってきたので、それを今も信じてやっていますが、高校時代にプロから声がかからなかったのは、特長がないことと自分の力不足だと思っていました」

 高卒プロはもちろん熊澤の目標であった。しかし、高2の時に先輩の菊地がプロに行けなかったことで、最初に現実の厳しさを突きつけられた。

「太智は本当に攻撃の中心で、アシストでもシュートでも存在感を放っていた。どちらかというと僕にタイプが似ている選手で、それでいて常に周りが見えていますし、ゲームを読む力が長けた頭がいい選手で、その部分は僕より秀でていると思っていました。その太智がプロに行けないことを知って、『この人で行けないのなら、俺は厳しいのかな』と思っていました」

 同時に高卒で鹿島に加入した同級生、関川の存在もまた熊澤にとって自分の現在地を知る大きな指標となった。

「高2の時点で郁万は100パーセント、高卒プロに進むだろうなと思っていました。彼は1人で守れて、1人で点が取れるCBというイメージしかなかったし、本当に頼れる存在でした。もちろんライバル視はしていましたが、自分は行けないけど、郁万は行けると素直に認めていました」
 

 高2の段階で現実を見た熊澤は、「運が良くてJリーグに入れるくらいなら大学に行こうと思っていました」と、大学4年間での成長とプロ入りへの気持ちを固めた。では、大学4年間をどう過ごせばプロになれるのか。そう考えた時、自分に決定的に足りない部分に『ようやく』気が付くことができた。

「ボールを奪う能力だったり、『どこが危険か』をどれだけ察知してポジションを取ったり、ボールを奪いにいく力が高校時代は何もなかったと言ってもいいくらい何もできなかった。大学4年間で自分の足りないところを埋めて、克服して短所をなるべく長所にしてプロに臨もうと思いました」

 先ほど『ようやく』と強調したのは、守備が課題であることは高校時代から何度も指摘されていたからだ。しかし、当時の熊澤は頭では理解していても、なかなか表現できなかった。

「周りから『やる気がない』、『守備をする気がない』という声は聞こえてきましたし、僕自身は分かっていたのですが、行動に移せなかったんです。そもそも攻撃したい気持ちばかりが強すぎて、『ボールを取られたら自分で取り返す』という意識がなくて、身体が動かなかった。もうその時点で高卒プロは絶対にないなと思ったんです。

 もし、高校の段階で守備の意識を高めて行動に移せていたら、高卒プロは叶った夢かもしれないし、改善に取り組もうという気持ちはあった。でも、できない。僕なりにずっと悩んでいました。当時の僕には攻撃も守備も両方考えるキャパがなかったと思います。だからこそ、人に言われても仕方がないなと思っていました」
 
 だが、大学に入るとそのキャパのままでは試合に出られない現実があった。2学年上の伊藤敦樹(浦和)、1学年上の菊地、宮本、FW満田誠(広島)、仙波大志(岡山)、MF安居海渡(浦和)、DF佐藤響(京都)、佐々木旭(川崎)ら、そうそうたるメンバーが守備に一切手を抜かず、激しいプレスをかけている姿を見て、熊澤は大きな刺激を受けた。

「僕は一番下の1年だからこそ、人一倍やらないといけないと思ったし、周りがそれ以上にやるので、強烈な責任感を覚えたんです」

 高校時代はいわば『王様』だった。守備は関川や宮本を始め、周りの選手が身体を張って守ってくれた。自分は奪ったボールを攻撃につなげたり、ラストパスやフィニッシュでゴールをもたらせば良かった。その環境から一気に立場が変わり、プロで通用するほどの実力のある先輩たちが目の色を変えて守備をする姿に、強烈な危機感を覚えたのだった。
 

 さらに、大学1年のある練習終わりに、中野雄二監督に呼び出されると、「人から言われることを吸収しなさい。相手に言われることや考え方に対して、どう自分のものとして吸収していくかという考え方になれ」と指摘された。

「僕の中で相手に言われたことに対して、『じゃあもっとこうしよう』という工夫する考えがなかったんです。それが課題として苦しんだ守備の部分にもろに影響が出てしまっていた。僕が素直じゃなかったから、自分の感情ばかり優先していたからこそ、守備が課題と頭では分かっていても、いざ試合になると身体が反応しなかった。その事実に大学に入ってから気付いたし、中野さんの言葉で『このままじゃダメだ』と胸に刺さりました」

 変わり始めていく自分。2年になるとさらに自分を変えてくれた人物と出会った。特別コーチとしてやってきた曹貴裁氏(現・京都監督)がトレーニングを見るようになったことで、日々のプレー強度がさらに高まり、より頭を使いながら身体を動かさないとついていけないようになった。

「(伊藤)敦樹さんをはじめ、プロに行ったメンバーが本当に成長して、より周りのレベルが高くなったことを実感しました。同時に『このレベルに達しないとレギュラーに入れない』とより危機感を持つようになりました」
 
 当時、FWをやっていた熊澤は、曹氏から、プレスバックの甘さや、前線からのプレスの出足の遅さを指摘され、徹底的な指導を受けた。

「自分の中ではプレスに行っているつもりだったのですが、プロの基準からするとかなり緩かった。曹貴裁さんからは『前線からボールを奪うつもりで行け』ということを何度も強調されて、求められたことで僕の中の世界観が変わったんです。コース限定ではなく奪いに行くことを常に考えて動くようになりました」

 これまでは真っ白なキャンバスだっただけに、熊澤のボールに対するプレスは驚くべきスピードで磨かれていった。そして最高学年を迎え、キャプテンに就任。ポジションもアンカーという攻守の要を託された。

 今季、リーグ戦では負け試合が多く、総理大臣杯出場がかかったアミノバイタルカップでは初戦敗退と、チームとしては苦しい時期が続いている。だが熊澤は「最初より確実にチームとして成長できている実感はあります。キャプテンとして練習での声かけ、戦う雰囲気を作ることを意識しています」とキャプテンシーを発揮している。

 プレー面でも「自分1人で何でもやろうとするのではなく、周りをサポートしたり、サポートされたりしながら、チームとして戦うことを意識しています。守備の面での声掛けが増えて、逆に僕も守りやすくなっています。見える範囲が広がった実感があります」と、確かな手応えを得ながら成長を続けた。
 

 短所を克服し、何でもできる長所を磨いた結果、熊澤は柏入りを掴み取った。初めて柏の練習に参加した際、ネルシーニョ監督から高い評価を受けたのは守備面だった。

「個人的に僕はレイソルのサッカーが好きで、理由はアグレッシブな攻撃スタイルもそうですが、【3-5-2】の中盤の守備が肝になると感じたので、今の自分のプレースタイルにぴったりだと思ったし、そのなかで自分がどれだけできるのか力試しもしたいと思ったんです。実際に練習参加をしてみて、ネルシーニョ監督が『ボールに行く能力だったり、奪い切れる能力がある』と言ってくれたんです。それは僕が大学に入って成長を実感できた部分だったので、本当に嬉しかった」

 練習参加から1週間後にオファーが届いた。「率直に嬉しかった」と熊澤は即決で柏入りを決断した。

「レイソルのサッカーで最初に感じたのは『楽しい』ですね。固定された動きだけではなくて、流動的に動いて攻撃に加わっていくスタイルで本当に楽しかったんです。それに柏は高校時代にお世話になった大切な場所だったので、柏に戻るという感覚を持てたことも大きかったです」
 
 4年越しの思いは結実した。しかし、これがゴールではない。

「大学にいる時間のなかでもっと成長して、キャプテンとしてお世話になった大学に結果をもたらしてから、レイソルで1年目からレギュラーとして活躍できるようにしたい」

 すでにJ1で主軸になっている伊藤や満田、佐々木、コンスタントに出番を掴んでいる菊地や宮本のように、プロの舞台で活躍する選手になれるように。何より「ずっと一緒にやってきた仲だったので意識はします」と口にする、鹿島で不動の存在となった関川という、良きライバルであり、常に自分の先を走っている仲間と同じ舞台に立って真っ向から戦えるようになるために。熊澤は今、この瞬間を大切に前へ進む。

 最後に、改めてこれまでの自分についてどう感じているのかを訊いてみた。すると、笑顔でこう口にした。

「今思うと高校時代までの僕は尖っていましたね。その結果、周りの言うことに対して、自分が勝手にシャットアウトしてしまっていた。でも、大学に入ってようやくその言葉を素直に受け止められるようになった。いろんな意味で大人になりましたね。もし運良く高卒プロになっていたら、人間性の面でつまずいて活躍できなかったと思います。だからこそ、僕を大人にしてくれた、これまで携わってくれた人たちに感謝しながら、プロの世界で活躍できる存在になりたいです」

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

【PHOTO】2023シーズンJクラブ加入内定、「高校・ユース」の主な新卒ルーキーをチェック!

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?