「バカげたミスで首を絞めた」アメリカ指揮官、森保Jに完敗で嘆き!「日本に賛辞を贈ってほしい。プレスが素晴らしかった」

「バカげたミスで首を絞めた」アメリカ指揮官、森保Jに完敗で嘆き!「日本に賛辞を贈ってほしい。プレスが素晴らしかった」

試合後に「パーソナリティ不足」を指摘したバーハルター監督。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 カタール・ワールドカップに出場するアメリカ代表は9月23日、ドイツのデュッセルドルフで開催されたキリンチャレンジカップ2022で、日本代表と対戦。0-2で敗れた。

 序盤から森保ジャパンにペースを握られ、25分にカウンターから鎌田大地にゴールを許すと、枠内シュート0本に抑え込まれるなど反撃の糸口を見つけられず。その後もミスを繰り返し、最後は88分に三笘薫のシュートで被弾し、万事休した。

 米メディア『Front Row Soccer』によれば、アメリカ代表を率いるグレッグ・バーハルター監督は試合後、「試合云々よりもパーソナリティだと思う。どういうわけか、今夜の選手たちのパフォーマンスにはパーソナリティが見られなかった」と茫然。こう言葉を続けている。

【動画】アメリカに辛辣批判!完全にフリーになった鎌田大地がダイレクトシュートで先制ゴール
「間違いなく激しい闘いだった。我々はバカげたミスで、自分たちの首を絞めてしまった。もう少しパーソナリティが欲しいところだ」

 49歳の指揮官は「日本にたくさんの賛辞を贈ってほしい。いいチームで、プレスが素晴らしい好戦的なチームだった。だとしても、もっとやれたはずだ」と森保ジャパンをリスペクトしつつ、出来の悪さを嘆いた。

 監督もまだ整理がつかないほど、精神的な部分で問題を抱えていたようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】アメリカを沈める!得意のドリブルから決めた三笘薫の鮮烈弾!

【PHOTO】鎌田&三笘がゴール! 日本vsアメリカ戦の激闘を厳選フォトでお届け!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?