長い模索の末にたどり着いた“進化系4-2-3-1”は最適解の1つか? より高度な多様性や柔軟性に期待

長い模索の末にたどり着いた“進化系4-2-3-1”は最適解の1つか? より高度な多様性や柔軟性に期待

アメリカ戦は4-2-3-1の左サイドで先発した久保。以前の同システムと比較し、「だいぶ違う印象」と語る。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



[キリンチャレンジカップ]日本2-0アメリカ/9月23日/デュッセルドルフ・アレーナ

 今冬のカタール・ワールドカップ、グループステージ初戦のドイツ戦までちょうど2か月というタイミングで行なわれた、9月23日のアメリカ戦。日本は昨年10月の最終予選・サウジアラビア戦以来の4-2-3-1で挑み、2-0の勝利という好結果を出した。

 試合序盤、久保建英(R・ソシエダ)と中山雄太(ハダースフィールド)の陣取る左サイドを、相手右SBのセルジーノ・デストにぶち抜かれ、ヘスス・フェレイラに打点の高いヘッドをお見舞いされるというピンチを招く。だが、その後からは連動性の高いプレスが見られるようになる。

 1トップに入った前田大然(セルティック)がスイッチを入れ、トップ下の鎌田大地(フランクフルト)が呼応。伊東純也(S・ランス)と久保の両ワイドも相手SBにしっかりとプレッシャーをかけ、さらに守田英正(スポルティング)と遠藤航(シュツットガルト)がフォロー。奪って縦に速く攻めるといったスムーズな展開が随所に見られた。

 遠藤と守田は約1年半ぶりのコンビだったが、良い距離感をキープし、チーム全体に安定感をもたらした。それも円滑なゲーム運びにつながっていたと言っていい。

「高い位置でボールを奪ってショートカウンター」というW杯仕様の戦いを実践すべく、1つ象徴的だったのが、13分の鎌田の決定機だ。前田が相手DFウォーカー・ジマーマンに寄せていき、久保がカット。自ら持ち上がって鎌田にラストパスを送るというのは、見本のような形。
 
 これを決められなかったのは悔しい限りだが、左という不慣れな位置に入った久保がここまで守備で貢献するのは、1つの発見だ。「ああいう(守備的な)展開になっても駒の1つとして使えるよってところを監督にアピールできたのはすごく良かった」と本人も自信をのぞかせた。

 森保ジャパンは2018年9月のコスタリカ戦で発足した時から4-2-3-1をベースにしていたが、当時や最終予選で採用していた時と、今回はその意味が全く違う。それは久保も指摘していた点だ。

「監督からの指示で『相手サイドバックを釘付けにする』って話からスタートした。最初、ちょっとうまくいかないところがあったけど、回り出してから相手も来れなくなった。前の4-2-3-1とはだいぶ違う印象だし、派生しているものが違う。すごく良いかなと思います」

 確かに、以前の4-2-3-1は「自分たちがボールを保持し、アクションを起こして戦う」という考え方が根強かったが、今は「ドイツやスペイン相手に保持された状況で、いかにして守備で主導権を取るか」という方向性にシフトしているように映る。
 

 実際、アメリカ戦も日本が圧倒して勝ったように見えるかもしれないが、ボール支配率は4対6で下回っているのだ。

 試合前日に長友佑都(FC東京)が「相手が来るってことですよね。僕らも行きたい部分はもちろんあるけど、ドイツに対してイタリアやイングランドが行っても簡単に剥がされて、前に持ち運ばれたりしている。そこは頭に入れつつ、時間帯やシチュエーションを考えながら、前から行くべきなのか、ブロック作って守ってショートカウンターに行くのかって部分の共通認識を持っておかなきゃいけない」と話していたが、アメリカ戦では相手に握られた状態でも試合をコントロールできたのは、前向きなポイントと言っていい。

 こうしたサッカーで勝とうとするなら、大迫勇也(神戸)のようなターゲットマンに頼らなくてもいい。先発した前田の“鬼プレス”は本番でも大いに効果がありそうだし、古橋亨梧(セルティック)も似たような仕事ができるだろう。

 2列目に関しても、左に南野拓実(モナコ)が入れば、より守備の強度は上がるし、右の堂安律(フライブルク)も球際では激しく寄せて相手SBにフタをすることは可能だ。

 トップ下も鎌田と久保を併用できるし、ボランチも遠藤か守田にアクシデントが起きても、田中碧(デュッセルドルフ)や原口元気(ウニオン・ベルリン)のようなアグレッシブな人材が控えている。

 4-3-3だと中盤は遠藤、守田、田中が揃っていないと阿吽の呼吸が生まれない傾向が強かったが、4-2-3-1なら多様性や柔軟性がより高まる。そこは大きなメリットではないだろうか。
 
 こうして布陣が変わっても瞬時に対応できるようになってきたのも、チームの成長の証。そこは遠藤もしみじみと語っていた点だ。

「相手が戦術的にどういうチームか、どう来てるかっていう判断は僕自身、シュツットガルトで学んだところが大きい。他の選手たちもいろんな監督、戦術の中で学んでいて、それを代表に落とし込もうとしていて、最終的に監督が方向性を決める。最終予選から意見を出し合いながらやってきて、今、ようやく整理されつつあるのかなと。その結果がうまくハマりつつあると思います」

 今回、見せた「進化系の4-2-3-1」は、長い模索の末にたどり着いた最適解の1つなのかもしれない。いずれにせよ、W杯本番では日本が長い時間、ボールを持って攻め続けるような戦いには絶対にならない。だからこそ、さらにブラッシュアップし、隙のない守備システムと攻撃の形を確立させることが肝要なのだ。

 ドイツやスペインは、アメリカの上を行く戦いを見せてくるだろうし、今回の勝利で楽観することは決して許されないが、遠藤が言う“個々がクラブで磨いた判断力”を結集して対抗すれば、ひょっとすればひょっとするかもしれない……。そんな期待を抱かせてくれるアメリカ戦の戦いぶりだった。

取材・文●元川悦子(フリーライター)

【PHOTO】鎌田&三笘がゴール! 日本vsアメリカ戦の激闘を厳選フォトでお届け!

“史上最高額”から急落していた久保建英の「市場価値」がついに上昇! 750万ユーロから20%増で日本人選手では何位に?

「世界的に見ても、使わないともったいないクオリティ」。冨安健洋が絶賛した日本代表戦士は?
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?