【エクアドル戦のスタメン予想】南野拓実が満を持してトップ下で先発か。メンバー総入れ替えで最終ラインの並びもポイント

【エクアドル戦のスタメン予想】南野拓実が満を持してトップ下で先発か。メンバー総入れ替えで最終ラインの並びもポイント

指揮官は23日のアメリカ戦からの総入れ替えを明言。ワールドカップ本大会へ誰がアピールするか。



 ドイツ・デュッセルドルフで合宿を行なっている日本代表は、強化試合の2戦目、エクアドル戦へ9月27日に臨む。

 同23日のアメリカ戦はこれまでの4-3-3ではなく、4-2-3-1を採用し、2-0の快勝につなげた。エクアドル戦の前日会見で森保一監督は、「アメリカ戦とは先発全員を入れ替えて臨みたいと思います」「明日の試合は同じシステムで戦いたいです」と明言。

 その言葉から考えると、アメリカ戦で出場機会がなかった、もしくは出場時間が限られた選手がスタメンを掴みそうだ。

 GKはアメリカ戦で背中を痛めた権田修一が治療のためにすでにチームを離れており、エクアドル戦ではシュミット・ダニエルの起用が有力視される。本人は「決定機を止めるところも見せたいです」と意気込みを語り、フィード力とともに期待を寄せたいところ。一方、GKは経験豊富な川島永嗣、売り出し中の谷晃生も控えている。
 
 SBはアメリカ戦でピッチに立たなかった長友佑都が左、山根視来が右に入りそうだ。CBはキャプテンの吉田麻也も控えに置くとなると、谷口彰悟を軸に、アメリカ戦でも後半からCBとして登場した伊藤洋輝を改めて試すか。もしくは瀬古歩夢の線もある。

 2ボランチはアメリカ戦では遠藤航と守田英正が組んだだけに、エクアドル戦は田中碧と柴崎岳がスタメンを飾るのではないか。遠藤と守田は良いコミュニケーションを示しただけに、田中と柴崎がどんなパフォーマンスを見せてくれるのか注目したい。
 

 中盤2列目は激戦区。そのなかで4-3-3では不慣れな左ウイングで起用されてきた南野拓実が、より得意な中央、トップ下に入ると予想される。そうなった場合はジョーカーとして見事な活躍を見せるも、あくまで先発を狙う三笘薫が左、こちらも結果に飢えている堂安律が右に入るのではないか。

 CFはアメリカ戦に出場しなかった古橋亨梧が満を持して登場か。ただ、スピードに長け、前線からのプレッシングを担えるタイプはアメリカ戦で前田大然を先発させてテスト済みなだけに、ストライカータイプの上田綺世を入れ、チームとして別の形を用意しておく可能性もあるのかもしれない。
 このエクアドル戦が終われば、あとは11月末のカタール・ワールドカップへ短期間の直前合宿しか残されていない。その意味で細部を詰めるための貴重な機会だが、メンバーを入れ替えたなかで、どんな戦いを見せるのか注目だ。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【動画】ドイツ遠征最後のトレーニング!エクアドル戦の前日練習

【PHOTO】明日のエクアドル戦に向け、試合会場でトレーニングを行った日本代表!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?