「確かにゴールは少ない」エクアドル指揮官が日本戦に向け、自軍の“課題”に挙げたのは?

「確かにゴールは少ない」エクアドル指揮官が日本戦に向け、自軍の“課題”に挙げたのは?

開幕戦という大一番に向けて準備を進めているエクアドルのアルファロ監督。(C)Getty Images



 現地時間9月26日、翌日の日本戦を控えたエクアドルを率いるグスタボ・アルファロ監督が会見に臨んだ。

 日本と同様にカタール・ワールドカップに出場するエクアドルは、23日にスペインでサウジアラビアと対戦し、スコアレスドローに終わっている。

 森保ジャパンとの対戦を前に、“決定力不足”について問われた指揮官は「我々は予選でも失点が多かったチームだ。チャンスを作っても点が取れないと、“ゴール不足”という概念に捉われてしまう」と述べた。

「確かにゴールは少ないが、セットプレー、アシスト、細かい部分やフィニッシュの小さな部分を改善していくことで、大きな問題の解消に繋がると思う。この時期になれば、欠点よりも、今あるものを高めていくことを考えるのが正解だ。

 午後のトレーニングで最終的な確認をするが、サウジアラビア戦で故障を訴えていた選手も含めて、状況を見る。先発メンバーは前の試合(サウジアラビア戦)から入れ替わる部分もあるだろう」
【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!
 エクアドルはカタールW杯の開幕戦で、11月20日にホスト国と対戦する。日本戦を終えてちょうど54日後にその日を迎えるため、国内では準備に懸念の声も上がっているようだ。

「FIFA(国際サッカー連盟)は開幕を1日早めたので、ヨーロッパにいる選手は13日から確保できるようにしてほしい。みんなすぐに集まれるわけではないので、1日がとても貴重だ。今回の遠征試合では、チームを最高の状態にもっていくための材料を手に入れている。今はプランニングの段階で、ピッチの上で起こることをしっかり課題として持ち帰り、準備に活かし、最高の状態でワールドカップの開幕戦を迎えたい」

 今回、国籍偽装疑惑でFIFAに調査されていたDFバイロン・カスティージョも遠征に同行。9月の時点では“お咎めなし”となっており、サウジアラビア戦では66分からプレーした。

 FIFAランキングはエクアドルが44位、日本が24位。試合は、日本時間27日の20時55分にキックオフ予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】アメリカ・エクアドルとの親善試合に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?