寝る数時間前に装着!ハーランドが愛用するゴール量産の“秘密兵器”は?「数%でもパフォーマンスを向上させる鍵になる」

寝る数時間前に装着!ハーランドが愛用するゴール量産の“秘密兵器”は?「数%でもパフォーマンスを向上させる鍵になる」

ミスター・ストイック、C・ロナウドの系譜を継ぐハーランド。(C)Getty Images



 若き怪物がゴール量産の秘訣を明かした。英紙『The Sun』が9月26日付けで伝えている。

 アーリング・ハーランドは今夏、父アルフ・インゲ・ハーランド氏もプレーしたマンチェスター・シティへ加入。すると、期待に違わぬ圧倒的な得点力を見せつけ、プレミアリーグ史上最速のデビューから6試合で二桁得点に到達。チャンピオンズリーグでも古巣ドルトムント戦で劇的な決勝弾を叩き込むなどし、公式戦10試合で14ゴールを挙げている。

 そんな今、最も勢いに乗る22歳には、愛用している“秘密兵器”がある。睡眠をサポートする特別な眼鏡である。電子機器からのブルーライト、ランプや冷蔵庫からのきつい光をカットしてくれるのだ。より質の高い睡眠をとるために、就寝の数時間前にこれを装着するという。ベッドに入る2時間前には電子機器の使用も避けるようだ。

 ハーランドはこう語っている。

「僕は夜、この眼鏡をかけている。より深く、より良い睡眠を得るのを助けてくれるんだ。これが数パーセントでもパフォーマンスを向上させる鍵になると考えている。メンタリティの問題だね」
【動画】「神やな」「なんであの体勢から枠飛ばせるねん」振り向き様に右足一閃!ハーランドが決めたハーフボレー弾をチェック
 シティの新エースはまた、食事面でも一切妥協しない。最高のコンディションを保つため、塩や油を使わずに調理したチキンやパスタ、メカジキ、スズキ、鯛などの料理、それも野菜と一緒に作ったものを食べまくる。主に水を飲み、甘いスナック菓子や冷凍食品は論外だ。とにかく生鮮食品だけを口に入れるようにしている。

 ドルトムント時代には、15か月で12キロの筋肉を増やし、パンチバッグを破壊したという逸話もある。元トレーナーのイレース・スティーンズリッド氏は「彼の身体はトレーニングによく反応する。それは遺伝子が優れているからだ」と説明している。

「彼は15か月で12キロの筋肉をつけたんだ。クレイジーだった。我々はゼロから筋肉を作り上げたんだ。彼はいつもビュッフェに1番近いところにいて、皿には文字通り山のように食べ物が盛られていたよ」

 ハーランドはミスター・ストイックの先輩、クリスティアーノ・ロナウドのように、たゆまぬ努力をキャリアを通じて続け、サッカー史に不滅の記録を残せるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】堂安、久保、南野らボール回しで大盛り上がり!エクアドル戦に向けて調整を行う日本代表!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?