「今のチームから入れるのはせいぜい1人か2人」英代表OBが勝てない後輩たちを黄金世代と比較!サウスゲイト監督は擁護

「今のチームから入れるのはせいぜい1人か2人」英代表OBが勝てない後輩たちを黄金世代と比較!サウスゲイト監督は擁護

カタールW杯を前に勝利が遠いイングランド。(C)Getty Images



 現地時間9月26日に行なわれたネーションズリーグの第6節で、イングランドは聖地ウェンブリーでドイツと対戦。0-2から追いつくと、83分にハリー・ケインがPKで逆転弾を奪うも、87分にカイ・ハベルツに痛恨の同点弾を許し、3-3のドローで終わった。これで1993年以来最長の6戦未勝利となった。

 当然、チームを率いるガレス・サウスゲイト監督への疑念は深まり、カタール・ワールドカップまで2か月を切りながら、解任を求める声まで上がっている。

 しかし、OBのジェイミー・キャラガー氏は、ツイッターを通じて8歳年上の先輩を擁護。前任者のビッグサムことサム・アラダイス氏が、スキャンダルにより在任わずか67日でクビになった事実を踏まえ、以下のように訴えている。

「サウスゲイトが受けている非難を考えると、イングランドが数々の大会で優勝してきたと思うだろう!彼が就任する前から、何年も酷い状態だった。彼の前にはビッグサムが仕事をしていたんだ!!」
【PHOTO】イングランド、ブラジル、フランスも刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!
 さらに一般ユーザーから「これほど才能のある集団は初めてだ。以前は4、5人格別な選手がいると大袈裟に謳っていたが、今は“真の黄金世代”を過大評価するのが怖いだろう」と皮肉たっぷりな投稿が寄せられると、こうも伝えている。

「今のチームから2002-06年のチームに入れるのは、せいぜい1人か2人、1996-98年も同じだ」

 イングランドでは1990年代終盤から2000年代前半にかけて、デイビッド・ベッカム、マイケル・オーウェン、フランク・ランパード、スティーブン・ジェラードなど、スーパースターが続々と誕生。その豪華さから黄金世代と呼ばれた。

 キャラガー氏もその世代の一員として活躍しただけに、現在の代表選手たちには物足りなさを感じているのかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】海外番記者・識者が選んだ「イングランド代表のレジェンド完全格付けTOP10」を厳選ショットで振り返り!

【PHOTO】アメリカ・エクアドルとの親善試合に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?