「日本の強みは分かっていた」エクアドル指揮官が森保ジャパンとの対戦を振り返る! “PK失敗”のバレンシアは擁護「信頼は揺らがない」

「日本の強みは分かっていた」エクアドル指揮官が森保ジャパンとの対戦を振り返る! “PK失敗”のバレンシアは擁護「信頼は揺らがない」

日本戦で一定の手応えも得たというアルファロ監督。(C)Getty Images



 現地時間9月27日、日本代表対エクアドル代表が行なわれ、試合はスコアレスドローに終わった。後者にとっては事実上、カタール・ワールドカップ前の最後の公式戦となったが、23日のサウジアラビア戦(0-0)に続き、ノーゴールと攻撃陣が沈黙した。

 日本戦では、スコアレスで迎えた83分、PKを獲得してFWエネル・バレンシアがキッカーを務めた。だが、これをシュミット・ダニエルに防がれ、勝利には導けなかった。

 試合後の会見に臨んだグスタボ・アルファロ監督は、「少しフレンドリーであり、少しシリアスでもある、とても手応えのある親善試合となった」と述べた。
【キリンチャレンジカップPHOTO】日本0ー0エクアドル|シュミットが渾身のPKストップ!メンバー発表前最後の試合はスコアレスドローに終わる
「日本の強みは分かっていたので、リスクを取らなくていい部分にも気を配る必要があった。チームはとても良いプレーを見せていたが、後半は特に日本に危険な場面を作られてしまった。彼らのプレーを制限するためには中に侵入できないよう、サイドに選手を追い出さなければならなかった。その試みは、サウジアラビア戦よりも進化が見られたと思う。

 我々も何度か明確に得点できるチャンスがあったのに、うまくいかなかった。だが、日本にとっても、我々にとっても非常に良いテストになったと思う。ミスをしたら負けるような試合だ。お互いに成功も失敗もあったが、得点に結びつけられなかった」

 また、PK失敗のバレンシアに対する“バッシング”が過熱していることについて問われると、力強く擁護している。

「彼はこれまでゴールを量産している選手だ。こうしたことはフットボールの一部である。彼は我々のキャプテンであり、リーダーであり、尊敬に値する人物だ。今日は得点できなかったが、所属クラブでは非常に良い成績を収めている。これまでにもワールドカップでゴールを決めたという実績があり、おそらく今回も例外ではないだろう。彼への信頼は揺らがない」

 ちなみに、エクアドルはカタールW杯の開幕戦、11月20日にホスト国と対戦する。日本戦を終えてちょうど54日後にその日を迎えるが、少なくない負傷者を抱えるなか、「もうこれ以上、怪我人を出さないこと」を願った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】アメリカ・エクアドルとの親善試合に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?