ピンチを招いた古橋と南野の“相性の悪い”配置。森保Jは最終ライン3枚回しに対するプレッシングを改善すべき

ピンチを招いた古橋と南野の“相性の悪い”配置。森保Jは最終ライン3枚回しに対するプレッシングを改善すべき

センターフォワードの古橋(左)とトップ下の南野(右)。お互いの良さを消し合ってしまうなど、相性の悪い印象だった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



[キリンチャレンジカップ]日本 0-0 エクアドル/9月27日/デュッセルドルフ・アレーナ

 欧州遠征の2戦目は、エクアドルが後半にPKを得るなど優勢だったが、日本はそのPKを止めたGKシュミット・ダニエルを中心に辛うじて守りきり、スコアレスドローで終えた。

 日本の布陣は、攻撃時4-2-3-1、守備時4-4-2。アメリカ戦とまったく同じだ。このエクアドル戦に際し、森保一監督は前日の記者会見で、同じシステムで臨むと公言していたが、実際にその通りの配置だった。

 なぜそんな情報を出したのか。理由は想像するしかないが、エクアドルはキックオフ直後から日本のプレッシングを回避すべく、整理されたポジション取りを披露した。エクアドルの基本システムは4-3-3だが、ボール保持フェーズに入ると、アンカーの20番ジェクソン・メンデスが最終ラインに下がり、CBと合わせて3枚でのパス回しへ移行する。

 同時に23番モイセス・カイセドがアンカー(中盤の底)に立ち、5番ホセ・シフエンテスは2トップ気味に高い位置を取る。4-3-3から3-1-4-2に変形するように、ポゼッションを組み立てた。
 
 この形でエクアドルは、日本のプレッシングを無効化している。古橋亨梧と南野拓実、2枚では3枚回しを追いきれない。それでも無理に追い詰めようとスピードを上げた結果、古橋が20番メンデスにドリブルで入れ替わられ、自陣への速攻を許すなど、かえってピンチを招いた。

 2人で足りないところ、配置がかみ合わないところは、サイドハーフが出て行けばいい。右の堂安律はそれを何度か成功させたが、左の三笘薫は連係が合っていなかった。2トップがサイドへ追い込んでも三笘が出てこなかったり、逆に2トップが追い込めていない状態で三笘がふらふらと高い位置へ出て、その背後へサイド展開を許すなど、20番メンデスに面白いようにタクトを振るわれた。メンデスの質も高かったが、日本側の連係も拙く、プレスのスイッチが入る瞬間を見つけるのは難しかった。

 その結果、日本はハイプレスを諦めて自陣に下がらざるを得ない。これはエクアドル戦やアメリカ戦に限らず、たとえば2020年の欧州遠征のカメルーン戦やコートジボワール戦など、過去にも見られた現象だ。3枚回しに対するアグレッシブな守備は、ずっと課題になっている。

 おそらくワールドカップの対戦国も、この点を突いてくるはず。エクアドルのように。森保ジャパンのコンセプト「良い守備から良い攻撃へ」を体現するなら、3枚回しへのプレッシングを整理しなければならない。
 

 エクアドル戦はそうした守備面だけでなく、攻撃も苦戦した。高い位置でボールを奪えないので、ショートカウンターは期待しづらい。40分に迂闊(うかつ)なキープをした相手DFからボールを奪い、古橋が決定機を迎えたが、この手のアクシデントは1試合に1回あるかないかだ。

 そうなると、自陣からビルドアップして攻めるしかない。サイドからは多少運ぶことができたが、真ん中のコンビネーションは絶望的だった。

 古橋は得意の裏抜けを何度も狙った。普段はほとんどボールが出てこないが、この試合はわりと出たほうだ。谷口彰悟、柴崎岳、田中碧、山根視来といった選手から、いくつかのトライがあった。しかし、ロングボールもスルーパスも、ほぼ通らず。手前でことごとく回収されてしまった。

 ただし、エクアドルは背後への対応が固いぶん、その手前にスペースは空きがち。日本は南野がライン間で縦パスの受け手になった。ところが、相手の鋭いプレスに遭い、ボールキープがままならない。

 鎌田大地か、あるいはライン間に下がって受けるのが巧みな大迫勇也なら、こうしたスペースを生かしたはずだが、南野はスペースの大きさを生かしきれない。むしろ狭いほうが輝くタイプなので、田中をアンカーに残して柴崎がライン間へ潜るなど、南野との距離が近い選手を作り、プレーすべきだった。
 
 1トップとトップ下における、古橋と南野の相性はかなり悪い。裏抜け1トップと、密を好むトップ下では、お互いの良さを消し合ってしまう。なぜこの配置になったのか、正直、理解に苦しむ。

 古橋と鎌田か、あるいは大迫のようなポスト役(今回は上田綺世や町野修斗)と南野の組み合わせなら分かるが…。もし、この起用法で古橋や南野に失格の烙印が押されるのなら、最初から起用しないほうがいい。今はもう模索するような段階でもない。

 今回はドイツ戦やスペイン戦を念頭に、守備に力点が置かれたので、攻撃の連係はある程度、割り切ったのかもしれない。だが、それにしては守備も連係不足だ。

 アメリカ戦の後半もそうだが、3枚回しに対しては、ハイプレスを諦めて下がる以外の対策がない。前の試合で見られた課題を修正できなかったのは、大いに不満だ。メンバーを大幅に入れ替えたのが原因だとすれば、その判断そのものに疑問が残る。

 こういう試合を見た後では、仮に本番でドイツやスペインを相手に0-1の僅差で敗れたとしても、惜敗とは思わないだろう。むしろ必然。この試合戦略では、良くて0-0だからだ。

 あとは11月のW杯本番直前の10日程度で何を準備するか。3枚回しに対するプレッシングの改善と、その配置に伴う攻撃法の確立は大きな課題だ。

文●清水英斗(サッカーライター)

【PHOTO】ブラジル、フランス、イングランドも刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

【PHOTO】デュッセルドルフ・アレーナに駆け付けた日本代表サポーターを特集!

【キリンチャレンジカップPHOTO】日本0ー0エクアドル|シュミットが渾身のPKストップ!メンバー発表前最後の試合はスコアレスドロー
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?