もはやポルトガル代表の顔じゃない? マンUで地位低下のC・ロナウド、カタールW杯のポスターからも落選か

もはやポルトガル代表の顔じゃない? マンUで地位低下のC・ロナウド、カタールW杯のポスターからも落選か

来年2月に38歳となるC・ロナウド。キャリアはこのまま下降線を辿るのか。(C)Getty Images



 もはや“ポルトガル代表の顔”ではないのだろうか。

 米大手スポーツチャンネル『ESPN』は9月30日付けで、カタール・ワールドカップ(W杯)のポスターにクリスティアーノ・ロナウドの姿はないと報じた。ベンチスタートが続き、マンチェスター・ユナイテッドで地位が低下している現状を、如実に示すような出来事だ。

『ESPN』は関係者の証言を基に、「彼は大会期間中、ドーハで大きな存在感を示す32人のスターのうちの1人ではない」と伝えている。

「W杯主催者は、ドーハの中心街にある多くの高層ビルに、11月と12月にそれぞれの代表チームで活躍すると予想される選手たちの75フィート(約23メートル)の画像を飾る作業を行なっているところだ。しかし、117ゴールを挙げ、国際的な得点王となったロナウドは、その計画には加わっておらず、フェルナンド・サントス監督のチームの代表者は、若手選手になると予想されている。

 一部の選手の肖像権については、代表者や各国協会との交渉がまだ続いているが、ネイマールはドーハの繁華街でブラジルの顔になる可能性が高い。パリ・サンジェルマンのFWは、ハリー・ケイン(イングランド)、ルイス・スアレス(ウルグアイ)、ルカ・モドリッチ(クロアチア)、サディオ・マネ(セネガル)、アルフォンソ・デイビス(カナダ)らに加わり、高層ビルのポスターで市のスカイラインを独占するイメージとなりそうだ」
【画像】日本の3選手はどこに?FIFAが8月に公開、W杯出場の各国スターが勢ぞろいしたポスター風画像
 さらに、C・ロナウドの永遠のライバル、リオネル・メッシも同じ危機にあるようだ。記事には「アルゼンチン代表の選手はまだ発表されていないので、ロナウドとメッシは、チームメイトやライバルを見上げなければならない珍しい立場になるかもしれない」と記されている。

 英紙『Daily Mail』もこの一報に敏感に反応しており、「もし、両巨頭の姿がなければ、10年以上に渡って世界のサッカー界を支配してきた、メッシとロナウドの時代の終焉を意味することになるかもしれない」と訴えた。

 スーパースター2人は、W杯本番では意地の活躍を見せ、大会の顔となれるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?