「いまは自由に笑顔でやれる」G・ジェズスがマンCから移籍した理由を告白!「アーセナルは違うサッカーなんだ」

「いまは自由に笑顔でやれる」G・ジェズスがマンCから移籍した理由を告白!「アーセナルは違うサッカーなんだ」

新天地のアーセナルで躍動しているG・ジェズス。(C)Getty Images



 ガブリエウ・ジェズスは今シーズン、ジョゼップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティを飛び出し、ミケル・アルテタが指揮を執るアーセナルへと移籍した。

 プレミアリーグの7試合すべてに先発出場し、ここまで4ゴールを挙げているブラジル代表は、米スポーツチャンネル『ESPN』のブラジル版で「ペップ(グアルディオラ)のサッカーの理解や、彼が望んだことだった」と、移籍を決断した理由を振り返っている。

「それを受け入れるかどうかは自分次第だ。受け入れないなら、感謝して別の挑戦に臨む。しばらくは受け入れた。でも、『自分のために違うことを望んでいる』という時期が訪れたんだ。彼には感謝したよ。『すべてに感謝している』とね。彼は分かってくれた。そして僕らは前進した」

【動画】「シュートセンスエグい」衝撃のパフォーマンス!G・ジェズスの2ゴール・2アシストをチェック


 ジェズスは「ここアーセナルは違う。違うサッカーなんだ。選手やプレーの仕方が違う」と続けた。

「アルテタとはアーセナルのスタイルについてたくさん話した。彼は僕を知っており、僕は彼を知っている。彼が僕に望んでいたことを理解した。今はピッチで自由だ。笑顔でサッカーをし、いつも自分のベストを尽くそうとしている」

 首位に立つアーセナルは、10月1日にトッテナムとのノースロンドン・ダービーに臨む。ジェズスは「パルメイラスやシティでプレーしたときのように、ダービーの経験はある。だから、どういうものかは分かっている」と、これまでの経験を生かしつつ、宿敵との大一番を制したいと意気込んだ。

「でも、アーセナルとトッテナムのダービーは初めてだ。勝ちたいよ。初めてのダービーだけじゃなく、自分が出るダービーはすべてね」

 サポーターは、ジェズスがさらに解き放たれることを願っているだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

【PHOTO】「美人すぎる」「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?