「ニア上ズドンって気持ちいいよね」サンフレ川村拓夢の鋭い縦パス→満田誠が左足で決めた豪快弾に脚光!「あと3年は居てくれ」

「ニア上ズドンって気持ちいいよね」サンフレ川村拓夢の鋭い縦パス→満田誠が左足で決めた豪快弾に脚光!「あと3年は居てくれ」

広島の満田が決めたゴールが注目を集めている。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 目の醒めるような一撃だった。

 サンフレッチェ広島は、10月1日に行なわれたJ1第31節の浦和レッズ戦で4ー1の快勝を収めた。この試合で勝点3を引き寄せる3点目を決めたのが満田誠だ。

 2ー1とリードして迎えた71分、広島は相手のビルドアップをカットすると、ボールを受けた川村拓夢が鋭い縦パスを入れる。満田は前を向きながらトラップしてペナルティエリアに侵入すると、利き足と逆の左足を一閃。ゴール左上にぶち込んでみせた。
 
 Jリーグの公式Youtubeが、このシーンを「川村の縦パスを受けた満田誠が細かいタッチでDFを剥がし左足を振り抜くと、ボールはニア上に突き刺さり広島がリードを広げる」と題して公開すると、ファン・サポーターからは「満田あと3年はサンフレ居てくれ。。」「ニア上ズドンって気持ちいいよね」「控えめなラビットポーズかわいいなあ」などの声が寄せられた。

 満田はその後、83分には直接FKを決めてダメを押した。

 広島はリーグ戦では暫定3位。天皇杯では準決勝、ルヴァンカップでも決勝に進出している。“3冠”の可能性も残している終盤戦、攻守に大活躍してきた大卒ルーキー・満田にますます注目だ

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「細かいタッチでDFを剥がし左足を振り抜くと、ボールはニア上に突き刺さり」サンフレ満田誠の豪快弾をチェック!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?