「ロナウドは今、自信の頂点にいるか?メッシも昨季は…」クロップがリバプールの現状を語る!ヌニェスは「まだ適応段階」

「ロナウドは今、自信の頂点にいるか?メッシも昨季は…」クロップがリバプールの現状を語る!ヌニェスは「まだ適応段階」

いまいち調子の上がらないリバプール。長期政権に陰りが見えている。(C)Getty Images



 マンチェスター・シティのリーグ連覇を止める急先鋒と目されているリバプールだが、なかなか調子が上向かない。7試合を戦ってわずか2勝で9位に沈み、シティと勝点1差で首位に立つアーセナルとは、11ポイントも差を付けられている。

 現地メディア『talkSPORT』によれば、ユルゲン・クロップ監督は、終盤までリードしながら、三笘薫のお膳立てからレアンドロ・トロサールに痛恨の同点弾を許したブライトン戦(3-3)後、選手たちの自信について語っている。

「『この選手たちが自信に満ち溢れていないなんて……。どうしてそんな状況になるんだ?』とみんなに聞かれるよ。クリスティアーノ・ロナウドは今、自信の頂点にいると思うか? 彼は世界最高の選手だと言われてきたが、今は彼の思い通りになっていない。誰にでも起こり得ることだ。リオネル・メッシも昨シーズンは同じような感じだった。

 このような出来事は、私たち全員にとって本当に重要で、そのために努力しなければならないし、正しい方向への一歩を踏み出すために、こつこつと積み重ねていかないと。上手くいかない時は、一歩一歩、基本に戻らなければならないと気付かされるものだ」
【動画】3勝目がスルリ…終盤に三笘のクロスから痛恨被弾
 昨シーズンは2年ぶりの戴冠まであと一歩に迫ったリバプールが、苦戦を強いられている要因の1つが、ダルウィン・ヌニェスのパフォーマンスだ。サディオ・マネの穴を埋める存在として、鳴り物入りで加入するも、2節で頭突きにより退場処分を受けて以降は、得点に絡むどころか、出場機会も満足に掴めていない。

 しかし、ドイツ人指揮官は気に留めていないようで、「まだ適応段階だ。新しい選手が入ってくると、誰もが彼らを話題にし、すぐに輝いてほしいと願うものだが、そういう問題は時々ある」と言い放った。

「昨日も長い時間、話し合ったが、我々は完全に冷静だと伝えた。彼が心配しないという状況が、とても重要なんだ。3試合の出場停止処分は、彼が落ち着くのに役立たなかったのは明らかだ。チームもパッとしないし、ストライカー、特にフィニッシャーにとっては楽な状況ではない」

 9日には敵地でアーセナルと対戦。クロップ体制8年目は、早くも正念場を迎えている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?