フランクフルトがトッテナムに勝つ理由はずばり、「日本から来た主役」の存在!ブンデス公式サイトが鎌田大地を誇示

フランクフルトがトッテナムに勝つ理由はずばり、「日本から来た主役」の存在!ブンデス公式サイトが鎌田大地を誇示

打倒トッテナムのキーマン鎌田。欧州最高峰の舞台でもゴールを奪えるか。(C)Getty Images



 現地時間10月4日に開催されるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節で、長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルト(ドイツ)は、トッテナム(イングランド)とホームで対戦する。

 両国をはじめ、世界中のメディアが独自のプレビューを展開するなか、ブンデスリーガの公式サイトは「チャンピオンズリーグでフランクフルトがトッテナムに勝つ5つの理由」と題した記事を掲載。その1つ目には「日本から来た主役」の存在を挙げた。

「2021-22シーズンのヨーロッパリーグ優勝チームには、必然的に外部からの関心が集まり、ダイチ・カマダも移籍の可能性を指摘された1人だった。しかし、欧州各国からの誘いは耳に入らず、イーグルス(フランクフルトの愛称)はその恩恵を享受している。

 カマダは今シーズン、ブンデスリーガのわずか7試合で4ゴール・3アシストと、見事なオールラウンドプレーで、自身の重要性を際立たせている。また、9月のインターナショナルブレーク中に行なわれ、2-0で勝利したアメリカ戦では、国際試合6点目を挙げた」
【動画】直接FKに絶妙アシスト! 鎌田大地が全3ゴールに絡んだブンデス第7節をプレイバック
 同サイトは「プレシーズンに動向が注目された後、カマダがこれほどまでに中心的な役割を担っていることは、数字が物語っている」と訴え、圧倒的な得点関与率にも触れている。

「26歳のカマダは、2014年のワールドカップ優勝メンバーのマリオ・ゲッツェと共に、チームのプレーメイカーとして活躍しており、フランス代表FWランダル・コロ・ミュアニとはテレパシーで通じ合っている。ブンデスリーガで8節を終えた時点で、アイントラハトの16ゴールのうち、カマダとミュアニの2人が直接的に13ゴールに貢献している」

 絶好調の日本代表アタッカーは、難敵トッテナムとの一戦でも自慢の攻撃力を存分に発揮できるか。前節のマルセイユ戦で完封勝利に貢献して以降、公式戦3試合連続フル出場中の長谷部の活躍にも大いに期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?