「巧みに欺きケインだけが警告を受けた」38歳・長谷部誠の“マリーシア”に韓国注目!「ハセベは退場処分を受けていたかも」

「巧みに欺きケインだけが警告を受けた」38歳・長谷部誠の“マリーシア”に韓国注目!「ハセベは退場処分を受けていたかも」

トッテナムのエース、ケイン(右)をマンマークした長谷部(左)。(C)Getty Images



 熟練ディフェンダーの“狡猾”なプレーが注目を集めている。

 現地時間10月4日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3節で、鎌田大地と長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトは、トッテナムとホームで対戦。強力攻撃陣に危ない場面を何度も作られるが、決してゴールは許さず、スコアレスドローに持ち込んだ。

 価値ある勝点1を掴み取った一戦で、主役級の活躍を見せたのが長谷部だ。来年1月に30代最後の誕生日を迎える鉄人は、3バックの中央に入り、公式戦4試合連続でフル出場。身体を張った守備でピンチを防げば、高精度のフィードも随所で見せ、攻撃の起点にもなった。

 さらに84分には、駆け引きの上手さも体現した。長谷部はマッチアップしていたハリー・ケインと共に、激しく身体をぶつけ合った末に倒れ込むと、ケインの両足の間当たりに蹴りが入る格好に。これに怒りを露わにしたイングランド代表FWは、長谷部に思い切り身体を押し当てた結果、1人イエローカードを受けたのだ。
【動画】イングランド代表の主将ケインと激しいマッチアップ!長谷部の奮闘ぶりをチェック
『WOWOW』の中継で解説を務めた元日本代表の野口幸司氏は、「最初になんとなく長谷部が足で踏みつけたようにも見える。それに報復で今度は(ケインがやった)。この当たりのやりくりの上手さ。ケインが(挑発に)乗ってしまった感じ」と、したたかさに舌を巻いた。

 このマリーシアとも言える行為には、韓国メディア『Sportal Korea』も反応しており、「非紳士的な振る舞い」と糾弾している。

「ハセベはかなりのベテランにもかかわらず、その技量を発揮し、ケインを完全に封じ込めた。疲労の蓄積で身体が重く見えたケインは、試合中ずっと阻まれ、悔しさを滲ませた。このまま終わっていれば、ハセベは優れたパフォーマンスを見せた選手であり続けたかもしれないが、傍若無人な振る舞いで試合終了後に顔をしかめることになった。

 後半39分、ケインと競り合った際に転倒し、右足でキックしてしまったのだ。ケインは激怒し、すぐに対応した。しかし、レフェリーはケインに警告を与えただけだった。ケインは不服を訴えたが、受け入れられなかった。もしVARが詳しくチェックしていれば、ハセベは退場処分を受けていたかもしれない。彼は巧みに欺き、ケインだけが警告を受けた」

 来週12日、舞台をロンドンに移し、フランクフルトとトッテナムは再び激突する。日本の元キャプテンと、イングランドの現キャプテンの第2ラウンドに注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?