なでしこジャパン、ナイジェリアに2-0快勝! 田中美南の2ゴールでW杯へ向けた試金石となる一戦を制す

なでしこジャパン、ナイジェリアに2-0快勝! 田中美南の2ゴールでW杯へ向けた試金石となる一戦を制す

なでしこ快勝 田中美南2得点

なでしこジャパン、ナイジェリアに2-0快勝! 田中美南の2ゴールでW杯へ向けた試金石となる一戦を制す

2ゴールと躍動した田中。日本がナイジェリアに快勝を収めた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 日本女子代表(なでしこジャパン)は10月6日、ノエビアスタジアム神戸にて国際親善試合でナイジェリア女子代表と対戦し、2-0で勝利を収めた。

 来夏に控える女子ワールドカップへ向けたなでしこジャパンの試金石となる一戦。池田太監督体制となってからは初めてのアフリカ勢との対戦となる。

 試合の立ち上がりは、スピードとフィジカルを併せ持つナイジェリアにパワープレーで押し込まれた。これには守備陣が冷静に対応。徐々にリズムを掴み、攻勢を強めていく。

 26分には、自陣からの猶本光のロングパスに反応した田中美南が前線に抜け出す。GKとの1対1を迎え、右足で放ったシュートはチアマカ・ナドジエの好セーブに阻まれる。このゲーム最初の決定機をものにできなかった。

 日本は主に左サイドを起点に攻勢を仕掛ける。北村菜々美や杉田妃和が上げたクロスは、ゴール前の選手に合わず。スコアレスで前半を折り返す。
 
 後半も主導権を握り、テンポに良いつなぎから相手ゴールに迫る。前線へのロングボールを多用してくるナイジェリアの攻撃に対しても、集中した守備でシュートを打たせない。

 そして64分、日本がついに先制。ペナルティエリア手前中央で得たFKで、キッカーの猶本がゴール前に浮き球のパスを供給する。これに反応した田中が胸トラップで収めて、右足でネットを揺らした。

 さらに67分には、ペナルティエリア内で杉田が倒され、PKを獲得。キッカーの田中が右足で冷静にゴール右隅に沈めて追加点を挙げる。

 その後、カウンターから相手に危険なシーンを作られたが、粘り強く守りきった日本が快勝を飾った。

 なでしこジャパンは次戦、9日にMS&ADカップ2022でニュージーランド女子代表と対戦。長野Uスタジアムで14時55分キックオフ予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本女子2-0ナイジェリア女子|田中美南が2得点の活躍!新システムで躍動し完勝!

【PHOTO】”狙い通り”のパスで1アシスト!中盤で輝きを放った猶本光を特集!

【PHOTO】右サイドを力走!なでしこの中核を担う清水梨沙を特集!
 

関連記事(外部サイト)

  • 1

     格下相手に、快勝ではないと思う。 辛くも勝利! が、正しいと思う。。。

すべてのコメントを読む