新社会人が“リアル南葛SC”の選手社員に――見えたプレーとビジネスの理想的なキャリアアップ

新社会人が“リアル南葛SC”の選手社員に――見えたプレーとビジネスの理想的なキャリアアップ

今季明治学院大から南葛SCに加入した森山。社会人1年目でピッチ内外で多くの経験をしている。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 選手社員を雇うことで、雇用が確保されるだけでなく、ビジネススキルが備わる。かつ、人と人との触れ合いを通してひとつひとつのプロジェクトの状況や思いも見て取れるようになる。

 こういった個人のスキルアップは、すべてチームの利益として還元される。もちろん、還元される中にはサッカーも含まれる。選手社員だからこそもたらされる理想的なキャリアアップ。この道を、まさにこれから歩もうとする者がいる。

 今年から南葛SCに入団し、選手社員として社会人をスタートした森山翔介に、リアルな現状を話してもらった。

――◆――◆――

 前回の記事で登場した楠神順平が、
「すごくがんばっていますよ。いろんな仕事の手伝いをしていますが、言われたことはほぼ完璧にやります。自分から動いて先回りできるタイプです」
 と株式会社南葛SCでの仕事ぶりを評価するのが、今年から選手社員としてチームに加わった森山翔介だ。昨年までは明治学院大の学生。今年社会人1年目の初々しきルーキーである。

「大学4年生の時はJリーグのチームに入ること一択でした。練習参加もさせてもらっていたのですが、オファーはいただけず。もしJリーグに入れなかったらサッカーは引退して体育の教師になる予定だったんです。そのための教員免許取得の勉強もしていて。でも、南葛SCの練習参加に誘われまして。正直、一度お断りしたのですが、熱心に誘ってくださったので参加したら衝撃を受けてしまったんです」

 森一哉監督が標榜する「ボールを大事にするサッカー」にひもづく技術。思考レベルの高さ。これまで出会ったことのないサッカーがそこにあった。そして「ここでプレーすれば、もっと自分が成長できる」確信を抱いて入団を決める。

「もし南葛SCに入るのだったら正社員雇用として株式会社南葛SCで採用してもらえるという話でした」

 折しも寮が整備されたタイミングで、そこに入ることもできた。しかも仕事場が寮の1階に移ってきた。こうして社会人1年目は、ドアを開けて下りたら職場がある「通勤時間10秒」という、なんとも羨ましい職場環境から始まった。

「大学の同期の仲間と話していると、サッカーをしながら働くことに苦労している様子です。自分の場合はサッカーの優先順位の方が高く、南葛SCでのプレーに照準を合わせながら仕事もできていますが、一般企業だとやはり最初のプライオリティは仕事になりますから。自分の置かれている環境はかなり恵まれていると思います」

 敬語を多用した言葉遣い、人の目を見て話す姿勢。名刺交換などは筆者の方が適当だった(すみません……)。もはや立派な社会人だ。
 

 恵まれていると実感しているとはいえ、そこは新卒1年目。実際に働きだすと、分からないことだらけだった。上司は同じFWの佐々木竜太。配属された佐々木チームでは最初、聞いて見て覚えての毎日だったという。

「ビジネスマナーも何も知らなくて。なので、まず人に聞く前に自分で調べようと、ある程度はネットで学びました。それでも分からない。そこで細かな点は営業本部長や佐々木さんにいろいろ聞きながら。あとは現場に同行する中で見て少しずつ覚えて。とりあえず今年いっぱいは、いろいろ学ぶ意識を強く持って取り組んでます」

 南葛SCのサッカー同様、仕事でも衝撃の連続だった。
「最初に商談に同行したときは、初歩的なことなんですけど、まず名刺の渡し方からして分かりませんでした。ほかにも先方より先に座ってはいけないとか、荷物を椅子に置かないとか。細かいところなのかもしれませんが、そこからちゃんとやっていかないと……と思い知らされました」

 パートナー営業ではミスも経験した。
「獲得したパートナーの方への連絡を疎かにしてしまったことがあります。パートナーになっていただいた方からすれば、その後連絡が滞ると不安になられます。なので、本来であれば週に一度でも訪問したり、メールだけでも連絡をとるべきところを、すこし間を開けてしまったんです。そのことで嫌な気持ちにさせてしまい……。以降は本当に気をつけるようにして、週に一度は、挨拶だけでもなにかしらコンタクトをとるように意識するようになりました」

 しかし、まめに訪問するようになったものの、会話に困った。
「最初の方は困って天気の話とかをしてました(笑)。そういうことをひとつとっても、試行錯誤の日々なのですが、充実してます」

「自分で獲得したパートナーさんに対しては自分が責任を持ちたい」。もともと責任感の強い性格。商談が複数ある時は1週間前から徹底して資料作りに励むようになったという。

 一方で佐々木チームの担当はグッズのデザイン。デザイン案の打ち合わせからデザイナーとのやりとり、できあがったグッズの発送作業までを行なう。
「最近ですと南葛SCのフィナンシェ用に全社応援Tシャツを作りましたが、そのデザインをやりました。社内ミーティングを行なって、必要な文字やエンブレムといった素材を考えてデザイナーに発注。あがってきたデザイン候補から絞るという流れです。そしてトークンを購入された方へ発送するところまでやります」

 上司にあたるリーダーの佐々木からは、信頼されているのを感じる。
「もともとは佐々木さんが一人でデザインを見ていましたが、自分はパソコンもいじれるし、責任感の強い性格を見抜いていただいたのか、グッズの管理を任せていただけるようになりました。任せていただけるその気持ちは嬉しいです」
 

 少々話が逸れるかもしれないが、それでも触れておきたい話がある。森山は桐蔭学園高時代、壮絶というか、特異な経験をしているのだ。

 当時の桐蔭学園はサッカー部が分裂するという異常な状況だった。復帰した監督の強化方針で1、2年生をAチームに、3年生をBチームにした。Bチームの3年生は練習機会も奪われ、試合にも出られず不遇な時期を過ごすことになる。この時3年生だったのが森山だ。

 しかし、3年生を救いたいコーチが代理監督となり、保護者や学校関係者などとともに選手権予選に出場できるように話をまとめた。

「自分の教員人生をかけてまで自分たちを守ってくれた代理監督のためにも全国で優勝したい。みんなその思いで一致団結して、それに反骨心も加わったかと思います」

 普通であれば、空中分解しているサッカー部が勝ち進むことは容易ではない。しかし、この時の桐蔭学園は3年生20人と2年生3人の23人で激戦の神奈川県予選を突破し、見事冬の選手権への出場権を勝ち取った。ちなみにこのときの蓮見理志・代理監督こそ、それまでDFだった森山をFWへコンバートした張本人だ。

 選手権ではPK戦の末、惜しくも初戦敗退。しかし、森山はこの試合で恩師に捧げる2ゴールを記録している。DFの名残が残る背番号3のストライカーは、当時話題性もあいまって注目された。

「普通の高校生だったら絶対経験できないような経験をしました。しかも逆境をはねのけて全国へ行けたというのは、自信になっている部分もあります」

 選手権に出ることでサッカー部の状況が知られることとなり、最後まで戦い抜いた選手たちは讃えられた。しかし、それ以前のあからさまに見放されていた辛い日々を思うと……表現に値する言葉が見当たらない。

「自分が本当に必要とされていないと感じる時期が1年くらいありました。練習に参加させてもらえず、途中、“なんでサッカーやってるんだろう”とみんな愚痴っていましたし、部室で泣いている仲間もいました」

 そんな経験をくぐり抜けてきたからこそ、必要とされたり期待されたりすることに敏感なのかもしれない。だから、仕事でリーダーにデザイン管理を任されたりすると、人一倍嬉しくなる。

「南葛SCに入ることを決めたのも、自分がチームに必要だと熱心に誘っていただいたことが大きかったと思います」

 今は南葛SCで必要とされている。仕事でも、もちろんサッカーでも。
「ボールを止める技術であったり、一つひとつのプレーを言語化できるぐらいまで考えて動くことであったり。南葛SCで教えられることは、これまで意識していなかったことばかりで。でも意識し始めてから少しずつ新しい自分が見えてきた気がします。まだまだ未完成ですが、それでもちょっとずつ上手くなってる実感があるんです。この先、この実感をより完成度の高いプレーに結び付けて結果につなげていきたいです」

 社会人1年目、飛躍のときはこれから。10月30日、KSL市原ペナルティカップ第2戦。流通経済大学FCとの一戦で、森山翔介は今シーズン初ゴールを挙げた。
※このシリーズ了

取材・文●伊藤 亮
********************
『NEXT DREAM』について
KLabが提供するスマートフォン向け対戦型サッカーシミュレーションゲーム『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』のゲーム内で配信中の、作者の高橋陽一先生原案の新ストーリー。グランドジャンプ増刊『キャプテン翼マガジン』(集英社)で現在連載中の『キャプテン翼 ライジングサン』で描かれているマドリッドオリンピック後、おなじみのキャラクターたちがさらなる新天地で活躍する様子を、新キャラクターの登場とともに、ゲーム内で毎月新たなストーリーが公開されている。

『NEXT DREAM』特設サイト
https://www.tsubasa-dreamteam.com/next-dream/

<お知らせ>
 南葛SCをスポンサードするKLabが、今季もコラボレーションキャンペーンを開催中。南葛SCの公式戦の試合結果に応じて、同社が運営するスマートフォン向け対戦型サッカーシミュレーションゲーム『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム ~』のゲーム内アイテムをプレイヤーにプレゼントする。

 プレゼント内容は、南葛SCが勝利すれば「夢球×5」、勝利以外であれば、「コイン×28,300」となっている。さらに、勝利の際は「夢球×5」に加え、南葛SCが入れた得点分の夢球も配布される。南葛SCを応援して、アイテムをゲットしよう。 
********************

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?