0-1で後半へ…森保監督が動く!後半の頭から久保建英を下げ、冨安健洋を投入!3バックへの変更は功を奏すか【W杯】

0-1で後半へ…森保監督が動く!後半の頭から久保建英を下げ、冨安健洋を投入!3バックへの変更は功を奏すか【W杯】

後半の頭から出場した冨安。(C)Getty Images



 11月23日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループステージ(E組)第1戦で、日本はドイツと対戦。33分にGK権田修一のファウルで献上したPKで先制を許すと、その後も相手の波状攻撃に遭い、守備の時間が続く。
 0-1で折り返すと、森保一監督が動く。久保建英を下げ、冨安健洋を投入したのだ。そして、W杯前最後の強化試合となったカナダ戦でも最終盤で試していた3バックに変更した。

 果たしてシステム変更は功を奏すのか。57分には三笘薫と浅野拓磨も送り込んでいる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!

【W杯PHOTO】メッシ、ロナウド、ネイマール…カタール入りする各国の移動着を特集!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?