C・ロナウドが史上初の5大会連続ゴール!ポルトガルがガーナとの計5発の打ち合いを制して好スタート!【W杯H組】

C・ロナウドが史上初の5大会連続ゴール!ポルトガルがガーナとの計5発の打ち合いを制して好スタート!【W杯H組】

ポルトガルが打合い制し勝利

C・ロナウドが史上初の5大会連続ゴール!ポルトガルがガーナとの計5発の打ち合いを制して好スタート!【W杯H組】

5大会連続ゴールを決めたロナウド。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



  現地時間11月24日に開催されたカタールワールドカップ(W杯)グループステージ(H組)第1戦で、クリスティアーノ・ロナウドを擁するポルトガル代表が、“アフリカの雄”ガーナ代表と対戦した。

 C・ロナウド以下、ベルナルド・シウバ、ジョアン・フェリックス、ブルーノ・フェルナンデス、ジョアン・カンセロ、ルベン・ディアスらが先発したポルトガルは、序盤からボールを支配するものの、なかなか決定機を作り出せない。

 31分にはC・ロナウドがネットを揺らすも、その前の競り合いでファウルがあったとしてゴールは認められない。
 
 55分には、カウンターからガーナのクドゥスにミドルシュートを浴びるも、これは枠を外れる。

  迎えた62分、C・ロナウドが倒されてPKを獲得。これを自ら決めて史上初の5大会連続ゴールを達成した。

 73分にクドゥスのクロスからアユーに押し込まれて同点に追いつかれるも、その5分後に突き放す。カウンターから、B・フェルナンデスのスルーパスを受けたJ・フェリックスが冷静にシュートを決めてみせた。

 さらに、80分にもB・フェルナンデスが持ち込み、最後は77分に入ったばかりのラファエウ・レオンが流し込んでリードを広げる。

 89分にブカリのヘッドで1点を返されてヒヤリとされたものの、このリードを守り切ったポルトガルが3―2で勝利。好スタートを切った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!

【画像】日本代表のホームが堂々1位!英紙が選出したカタールW杯出場国の「ユニホームランキングTOP10」
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?