「数週間前は疑って泣いていた」英雄リシャルリソンが“人生で最も長い1日”を回想!曲芸弾の裏話も「イタリアでの練習で…」【W杯】

「数週間前は疑って泣いていた」英雄リシャルリソンが“人生で最も長い1日”を回想!曲芸弾の裏話も「イタリアでの練習で…」【W杯】

いきなり2発を叩き込む、鮮烈なW杯デビューを飾ったリシャルリソン。(C)Getty Images



 現地時間11月24日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループステージ(G組)第1戦で、ブラジルはセルビアと対戦し、2-0で快勝を収めた。その全得点を叩き出し、勝利の立役者となったのがCFで先発したリシャルリソンだ。

 まずは62分、ヴィニシウス・ジュニオールのシュートのこぼれ球を押し込み、待望の先制点をもたらすと、圧巻だったのが73分の追加点。トラップがやや大きくなったのかボールが上がると、なんと空中で身体を反転させながらボレーで、ゴール左隅に突き刺さした。
【動画】今大会ベストゴールは決定?リシャルリソンの衝撃アクロバティック弾をチェック ※投稿の白地部分をクリック

 振り返ってみれば、東京五輪で得点王に輝いた25歳は、W杯でもエースのネイマールらと共に、中心の選手の1人として期待されながら、10月中旬に左ふくらはぎを負傷。一時はメンバー入りが危ぶまれたが、何とか大舞台に間に合わせた。

 ブラジルサッカー連盟によれば、故障から復帰し、鮮烈なW杯デビューを飾ったリシャルリソンは、「数週間前、僕はまだここに来ることを疑って泣いていた」と明かしている。
 
「検査当日は、人生で最も長い1日だった。ストレッチャーに乗ったまま結果が出るのを待ち、医師が行ったり来たりして、緊張してしまい、時間が過ぎていかなかったのを覚えている。だから苦労して回復した甲斐があったよ。神様は僕の努力を見て、どれだけワールドカップに出たいかを見ていてくれたんだ」

 頼れる点取り屋はさらに、自身2点目の豪快なアクロバティック弾にも言及。カタール出発前にトリノで行なったトレーニング時のものと重なると考えているようだ。

「イタリアでのトレーニングで同じようなゴールを決めたよ。トレーニングでやって、試合でやるという感じだ。今日はボレーをする機会があり、素晴らしいショットを打てた。このまま集中して行きたいね。もっともっと頑張るよ」

 20年ぶりのW杯制覇へ――。「初戦に勝つという、とても重要なミッションを達成した。あとは第2戦を考えて、しっかり休まないと。今後、より重要な6つの試合がある」と、目をギラつかせる背番号9が、サッカー王国を力強く牽引する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯PHOTO】メッシ、ロナウド、ネイマール…カタール入りする各国の移動着を特集!

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!

【W杯PHOTO】試合前後の緊迫した選手入場口…試合では見れない日本代表の表情を厳選!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?