「ひどい判定の連続」「理解できない!」ガーナに敗れた韓国代表、母国メディアはイングランド人主審を痛烈批判!【W杯】

「ひどい判定の連続」「理解できない!」ガーナに敗れた韓国代表、母国メディアはイングランド人主審を痛烈批判!【W杯】

W杯 韓報道が主審を痛烈批判

「ひどい判定の連続」「理解できない!」ガーナに敗れた韓国代表、母国メディアはイングランド人主審を痛烈批判!【W杯】

テイラー主審に猛抗議をするソン・フンミン(7番)ら韓国イレブン。(C)Getty Images



 韓国代表は現地時間11月28日、カタール・ワールドカップのグループステージ(H組)第2節でガーナ代表と対戦。2-3で敗れた。

 前半に2点ビハインドを負った韓国は、後半にチョ・ギュソンの2ゴールで追いついたものの、68分に3失点目を奪われ、痛恨の黒星を喫した。

 最後に韓国がCKを得るも、試合を終わらせたアンソニー・テイラー主審にパウロ・バント監督が猛抗議。レッドカードを出され、決勝ト―ナメント進出を懸けた母国ポルトガルとの大一番で指揮が執れなくなってしまった。

 ガーナの先制ゴール時のハンドが認められなかったこともあり、怒りが収まらないのは韓国のメディアだ。『MK SPORTS』は「悪者テイラー。結局避けられなかったべントの退場」と題した記事を掲載。次のように報じた。

「憂慮していたアンソニー・テイラー審判のひどいレフェリングが、また悪い評判を得た。理解できない瞬間だった。アディショナルタイムの間に試合が遅れた状況があり、少なくとも最後の攻撃機会(CL)は与えるべきだ。これまでのワールドカップの試合を見ても、アディショナルタイム内に遅延した状況が生じれば、その時間だけさらに追加された」

【動画】「明らかに手に当った」韓国サイドが批判したガーナの先制ゴール!


 記事は「しかし、テイラー審判はそのまま試合終了のホイッスルを吹いた。選手たちはもちろん、ベント監督さえ理解できないと強く抗議した。問題はこの過程でテイラー審判がベント監督にレッドカードを出したことだ。ひどい判定の連続だった」と続けている。

 また『SPOTV NWES』は世界中のファンから「テイラーが世界に知られて嬉しい」「テイラーが試合よりも自分をさらに大きくした」「テイラーにもう主審をやらせるな」といった声があがっていると伝えている。

 テイラー主審は3年前のプレミアリーグで韓国のエース、ソン・フンミンを退場させた経験があり、韓国ではそのレフェリングが疑問視されていた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!

関連記事(外部サイト)

  • 20

    買収工作に応じない審判だから嫌われているのですね。

  • 19

    負けは負け何だからゴチャゴチャ言ってないで大人しく引っ込むべき。 此の様な行為は韓国が本当に民度の低い民族である事を曝け出しているもので醜い限り!

  • 18

    いつもの通りの隣国人達ですね。監督は別の国出身らしいが、あんなパフォーマンスでもやっていないと隣国に戻ったときにひどい目に遭うのだろう。やはり、隣国人達に関わり合いを持ってはいけませんね。でも、隣国人には、日本から見たまともな人って、何人位いるのだろうか、不思議でおかしな国です。

すべてのコメントを読む