「なぜPKが与えられなかった?」ウルグアイ敗退で号泣のスアレス、FIFAの態度とレフェリーの判定に不満爆発!「僕らは“パワー”不足らしい」【W杯】

「なぜPKが与えられなかった?」ウルグアイ敗退で号泣のスアレス、FIFAの態度とレフェリーの判定に不満爆発!「僕らは“パワー”不足らしい」【W杯】

号泣スアレスFIFAに不満爆発

「なぜPKが与えられなかった?」ウルグアイ敗退で号泣のスアレス、FIFAの態度とレフェリーの判定に不満爆発!「僕らは“パワー”不足らしい」【W杯】

試合中から涙を見せていたスアレス。(C)Getty Images



 現地時間12月2日に行なわれたカタール・ワールドカップ(W杯)のグループH最終戦で、ウルグアイはガーナと対戦し、ジョルジアン・デ・アラスカエタの2ゴールで2ー0と勝利を収めた。だが、同時刻に行なわれていた試合で韓国がポルトガルを2-1で破ったため、勝点・得失点差で並び、総得点の差で3位となり、グループステージ敗退が決定した。

 決勝トーナメント進出を逃した後、この試合に先発し、2ゴールに関与したルイス・スアレスはがっくりと肩を落とした。現地局『TeleDoce』が報じた。

「悲しみと失望を感じている。見守っていた息子は悲しみと共に去らないといけない。父親としては辛いことだが、彼はこの状況に向き合わなければならない…」
【動画】デ・アラスカエタの2点目は浮き球を捉えたゴラッソ! スアレスのお膳立てで生まれた2点目をチェック
 試合中もベンチに下がった後に涙を見せていたスアレスだが、試合終盤にエディンソン・カバーニがエリア内で倒された場面については、国際サッカー連盟(FIFA)やレフェリーへの不満を爆発させた。

「カバー二が走り切って身体を前に出していたから、ペナルティが与えられるべきだったと思う。(ダルウィン・)ヌニェスが倒された場面だってそうだった。これは言い訳ではなく、今回のワールドカップでは信じられないようなPKを与えられるときと、与えられない場面がある。今日の僕らのプレー2つについて、なぜ与えられなかったのか、レフェリーやFIFAが、納得できるように説明するべきだ」

 さらに、「なぜウルグアイ戦ばかりこんなことが起こる?」と怒りの言葉を続けている。

「先日、フランス代表の選手が子供を連れて交代ベンチにいるのを見た。だが、僕の家族は降りて来られないと言われた。なぜいつもこうなんだ? 子供たちが僕に挨拶をするために一瞬でも降りてくるには、FIFAではない他の誰かに許可を得なければならないらしい。理解できない。僕らは“パワー(権力)”をもっと強めなければいけないらしい。それがFIFAなんだろう」

 35歳となり、今大会が最後のW杯とも囁かれていたスアレス。後味の悪い締めくくりとなってしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!

【W杯PHOTO】ワールドクラスの美女サポーターずらり! スタジアムを華やかに彩る麗しきファン厳選ショット!

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
 

関連記事(外部サイト)

  • 1

    俺とウルグアイは特別扱いされるべきだと駄々をこねてるようにしか思えない。シミュレーション取られて退場にならなかっただけマシだと思うよ、ウルグアイってそういうイメージだし。スアレス自身フェアプレーからは遠い存在でしょ、噛みつきの前科あるくらいだから。

すべてのコメントを読む