「父親のPK失敗にショックを受けた」ガーナ代表MFの7歳娘がスタジアムで失神→救急搬送される非常事態【W杯】

「父親のPK失敗にショックを受けた」ガーナ代表MFの7歳娘がスタジアムで失神→救急搬送される非常事態【W杯】

PK失敗ガーナMF娘失神し搬送

「父親のPK失敗にショックを受けた」ガーナ代表MFの7歳娘がスタジアムで失神→救急搬送される非常事態【W杯】

先制の絶好機でPKを失敗したA・アユー。このあとハーフタイムに病院へ直行した。(C)Getty Images



 ワールドカップの熱狂の舞台裏で、緊急事態が発生していた。

 現地金曜日、カタールワールドカップのグループステージ第3戦、ウルグアイvsガーナの一戦が行なわれた。そのゲームに先発出場していたMFアンドレ・アユーに、アクシデントが降りかかったのだ。オランダ・メディア『HLN』によると、ガーナが誇る国民的英雄の7歳になる娘がスタジアムで観戦中に失神。最寄りの病院に救急搬送される事態に陥っていたという。
【画像】病院へ駆けつけたA・アユーが7歳娘を抱きかかえる一枚
 同メディアは、「父アンドレがPKを外した。その瞬間、彼女は崩れ落ちたようだ。ショックで気を失ったと見られる」と説明。0-0で迎えた20分、A・アユーはPKの絶好機を得たが、自慢の左足から放ったショットは相手GKセルヒオ・ロチェトにセーブされてしまう。試合はガーナが0-2で敗れ去ったが、前半で交代していたA・アユーはすぐさま病院へ直行した。『HLN』は「弟のジョーダンとともに早すぎる交代だった。娘の搬送と関係していたかもしれない」と伝えている。

 幸いにも愛娘は大事に至らず、駆けつけたA・アユーは胸をなでおろしたことだろう。ガーナ関係者がSNSに投稿した画像では、父と娘が再会を果たして抱擁する姿が映し出されていた。A・アユーはその後にインスタグラムを更新。グループステージ敗退の悔しさを噛み締めつつ、「個人的なことだけど、娘がウルグアイ戦で緊急搬送されたんだ。いまはすっかり良くなっている。病院のみなさんに感謝したい」とのメッセージを寄せた。
 
 そして、「困難は僕を成長させ、より強くさせてくれるはずだ。ブラックスターズ(ガーナ代表の愛称)の未来もきっと同じだと信じる。みんなの祈りと揺るぎないサポートに感謝するよ」との言葉で締めくくっている。

 現在32歳のA・アユーは、カタールのアル・サッドに所属。過去10年に渡ってガーナ代表の主軸として奮闘してきたが、大会後に代表引退を表明するのではないかと、その言動が注目されている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!

【W杯PHOTO】現地カタールで日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!

【W杯PHOTO】ワールドクラスの美女サポーターずらり! スタジアムを華やかに彩る麗しきファン厳選ショット!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?