「できる感覚もあった」前田大然が代表離脱の経緯を明かす。試合・練習不参加でも収穫「やっぱりここに来ないと得られない」

「できる感覚もあった」前田大然が代表離脱の経緯を明かす。試合・練習不参加でも収穫「やっぱりここに来ないと得られない」

日本代表から途中離脱となった前田。一足先に所属クラブへ戻る。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 日本サッカー協会は3月26日、前田大然が怪我のために日本代表を途中離脱することを発表した。

 25歳の韋駄天ストライカーは、スコットランドの名門セルティックで古橋亨梧、旗手怜央と共に主力を担い、今季はここまで10得点・6アシストをマーク。日本代表でも攻撃の中心の1人として期待されたが、別メニュー調整が続き、24日のウルグアイ戦(1-1)もベンチ入りはしたものの、出番はなかった。

 一足先にクラブに戻る前に、報道陣の取材に応じた前田は、決断を下すまでの経緯をこう明かした。

「ここでやるよりはチームに帰って、リーグ戦に備えたほうがいいと。もちろん出るつもりで来ていたし、できるという感覚もあったので。でも先のことを考えて、ここで無理する必要はないかなと」
 
 第二次森保ジャパンの初陣となったウルグアイ戦では、ボランチが両CBの間に落ち、両SBが内側にポジションを取る新たな戦術を取り入れた。前田は「チームが新しいトライをしているなかで、練習や試合には出られなかったけど、どういうのをやるのか認識できたので良かった」と語る。

「やっぱりここに来ないと得られないこともあるし、日本のトップの選手が来ているので、刺激を貰った。今回は試合に出られなかったけど刺激を貰えたので、チームでしっかりまた良いパフォーマンスをして戻ってこられるように頑張りたい」

 セルティックはリーグ連覇に向け、首位を快走中だ。前田はコンディションを万全にしたうえで、再びタイトルに導く活躍を見せ、次の代表活動にはスケールアップした状態で参加できるか。

取材・文●有園僚真(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】日本代表のコロンビア戦出場17選手&監督の採点・寸評。MOMは…

【PHOTO】国立競技場に集結した日本代表サポーターを特集!

【キリンチャレンジカップPHOTO】日本1ー1ウルグアイ|ビハインドも交代直後の西村が同点弾!第二次森保ジャパンの初戦はドロー…!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?