「飛行機が少ししんどい」も「自分のフィジカルなら」。ヘアスタイル一変の熊田直紀がU-20ワールドカップへ自信を覗かせる

「飛行機が少ししんどい」も「自分のフィジカルなら」。ヘアスタイル一変の熊田直紀がU-20ワールドカップへ自信を覗かせる

U-20アジア杯で大会得点王に輝いた熊田。5月9日の練習後に囲み取材に応じた。(C)SOCCER DIGEST



 アルゼンチンで開催されるU-20ワールドカップの日本代表メンバー発表翌日(5月9日)、熊田直紀がFC東京の練習場で囲み取材に対応。まず一変したヘアスタイル(短髪にシルバーのようなヘアカラー)について訊かれると、「ワールドカップだからというわけではないです。髪を切ろうと思って、画像を見ていたらこれが良いなと思って」と笑みを浮かべて答えた。

 ただ、「メンバーに選ばれた心境」について質問が及ぶと、熊田は引き締まった表情で「U-20アジアカップ後、(FC東京で)思うような結果を出せてなかったので、今度はワールドカップで結果を残して自分自身が成長できればと思っています」とコメント。続いて「課題の守備を頑張りつつ、攻撃で自分の特長を発揮できれば」と本大会に向けての意気込みを語った。

 アルゼンチン開催になって「飛行機が少ししんどい」と話す熊田だが、「時差はそこまで気にならない」という。異国の地で戦うワールドカップ、「アジア予選で対戦した国よりも強くて速いチームが揃っている」とはいえ、「自分のフィジカルならやっていける」と自信を覗かせる。
 
「自分」をピッチで生かしてくれるうえで、FC東京のチームメイトでもある松木玖生は重要な存在だ。「自分のことも見てくれてプレーしてくれるので、彼がいてくれることは大きいです」。

「(U-20日本代表には)個々の技術でマーカーを剥がせる選手が多く、クロスが入ってくる」のは、ヘディングが得意な熊田にとってポジティブな材料だ。

「まずは世界一を目ざして、チームとしても個人としても結果を残したい」

 特大のポテンシャルを秘める熊田が、世界の舞台でどこまで「自分」を出せるか。期待して見守りたい。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【PHOTO】ついに決定!U-20ワールドカップアルゼンチンに挑むU-20日本代表を一挙紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?