神戸で引退するつもりだったが…イニエスタはなぜ退団を決断?「監督の優先順位も違うところにあると感じ…」

神戸で引退するつもりだったが…イニエスタはなぜ退団を決断?「監督の優先順位も違うところにあると感じ…」

神戸を退団するイニエスタ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 5月25日、ヴィッセル神戸はアンドレス・イニエスタの会見を実施し、イニエスタの今夏の退団を発表した。

 2018年5月に加入。5年間を過ごしたクラブをなぜ去るのか。

 イニエスタは「ここで引退する姿を想像してきました」と言う。だが、「時に物事は希望や願望通りにいかないものです」として、こう続ける。
 
「この数か月間も、激しいトレーニングを重ね、試合をプレーして、チームに貢献するための準備はできているという感覚でやってきました。

 しかし、それぞれの歩む道が分かれ始め、監督の優先順位も違うところにあると感じ初めました。ただ、それが自分に与えられた現実であり、リスペクトを持って、その現実を受け入れました。

 最終的には、自分の競技面の現実と、自分がプレーし続けることに対して、感じている情熱をかけ合わせた結果、ここを去ることがベストの決断だということを、クラブとの話し合いのなかで決めました」

 日本を離れるが、「まだまだプレーを続け、ピッチで戦い続けたい」とイニエスタは現役続行に意気込んだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!

【PHOTO】スタジアムを華やかに彩るヴィッセルセレイアを特集!

【PHOTO】名場面がずらり!厳選写真で振り返る“Jリーグ30年史”!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?