去就が注目されるトッテナムFWケイン、バイエルン移籍が近づく? 話し合いは「とてもポジティブ」と現地報道!

去就が注目されるトッテナムFWケイン、バイエルン移籍が近づく? 話し合いは「とてもポジティブ」と現地報道!

バイエルンの他にも、マドリーやマンUからの関心が報じられているケイン。(C)Getty Images



 トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが、ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンに移籍する可能性があるようだ。ドイツの複数のメディアが伝えている。

 今夏にトッテナムを退団する可能性が浮上しているケインには、レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドが関心を寄せていると報じられていた。

 さらに、ここにきてバイエルンがケインの獲得に向けて動き出しているようだ。ドイツ『BILD』によると、トーマス・トゥヘル監督と経営陣らは、新たなストライカーの獲得に本腰を入れているという。
 
 そのターゲットとしてケインの名前が挙がっており、『Sky Sports』のドイツ版によると、バイエルンとケインの兄・チャーリー氏が代表を務めるマネジメントとの間で話し合いが行なわれたようだ。そして、話し合いは「とてもポジティブ」だったとしている。

 また、ケインはバイエルンに対して、「もしイングランドを離れる場合、新天地としてバイエルンを希望している」と伝えたと報じている。

 ケインの他にもランダル・コロ・ミュアニ(フランクフルト)やニクラス・フュルクルク(ブレーメン)などの獲得も噂されているバイエルン。果たして来季、新たなストライカーを最前線に加えるのか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2023年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】ファッショナブルなデザイン続々! 23-24シーズンの欧州クラブの新ユニホームを一挙紹介!

「最初は正直、ハーランドに何を期待していいか分からなかった」マンCを去るギュンドアンが大胆告白!1億男、珈琲友との秘話も

セルティックの“放出リスト”9人を地元メディアが掲載!日本人2選手も対象に「居場所がない可能性」「彼には手の届かないレベル」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?