旗手怜央が圧巻の個人突破→冷静フィニッシュで今季2点目!セルティックに先制点をもたらす

旗手怜央が圧巻の個人突破→冷静フィニッシュで今季2点目!セルティックに先制点をもたらす

鮮やかに先制点を奪った旗手。(C)Getty Images



 10月7日開催のスコットランドリーグ第8節で、首位のセルティックは8位のキルマーノックとホームで対戦。古橋亨梧、前田大然、旗手怜央の日本代表トリオが揃って先発し、岩田智輝はベンチスタート、小林友希はメンバー外となった。

 押し込むセルティックがスコアを動かしたのは22分。旗手がキャプテンのマグレガーから敵陣中央で縦パスを受けると、軽々とディフェンスをかわし、ゴール前中央へ。最後は右足で冷静に流し込み、鮮やかにネットを揺らした。
【動画】「相変わらずの決定力」「ゴラッソ」など反響!古橋亨梧のCL初ゴール
 25歳の日本代表MFは、PKで奪った前々節の今季初ゴール以来の得点となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【森保ジャパンの最新序列】三笘、久保、伊東が並ぶ“魅惑の2列目”がついに実現か。復帰した南野の起用法は...

「この負け方は悲惨」古橋がCL初ゴールも痛恨の逆転負け…セルティック指揮官が嘆く。一方で「優れた相手に競争力を証明した」とも

「なんという礼儀正しさ」「称賛すべきだ」中国指揮官へ一斉に深々とお辞儀...日本女子代表の振る舞いに相手国から賛辞!「我々も見習う価値がある」【アジア大会】

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?