「想定外」鎌田大地はなぜ出場機会が激減したのか。ラツィオOBが見解「彼のせいでもあるし...」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • ラツィオの鎌田大地が出場機会を失っている原因は、選手個人の問題とチーム事情の影響がある。
  • OBは鎌田のパフォーマンスの浮き沈みと中盤選手の過多が出場機会を減らしていると分析した。
  • 次戦からの鎌田の復活が注目されるが、メディアは再びベンチスタートになる可能性が高いと予想する。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

「想定外」鎌田大地はなぜ出場機会が激減したのか。ラツィオOBが見解「彼のせいでもあるし...」

ここにきて苦境に立たされている鎌田(C)Getty Images



 ラツィオの鎌田大地が出場機会を得られなくなってきているのはなぜなのか。OBは選手自身の問題と、チーム事情の双方に原因があるとの見解だ。

 セリエA開幕から4試合連続で先発出場していた鎌田だが、その後2試合は出場機会なし。直近の3試合も出場時間は23分、26分、11分にとどまっている。その間、開幕4戦3敗で出だしから躓いたチームは、ここ4試合で3勝と復調の気配を感じさせているところだ。

 開幕から2試合連続でスタメンに名を連ねたチャンピオンズリーグでも、10月25日のグループステージ第3節フェイエノールト戦では出番なし。日本代表から外れ、インターナショナルウィーク中のチームに残ったにもかかわらず、再開後の公式戦2試合でほとんどプレーできていない。

 セルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチに代わる新たな中盤のレギュラー候補として加入した鎌田だけに、直近の出場機会の少なさを受け、地元メディアの報道も騒がしくなっているところだ。

【動画】王者ナポリから左足で鮮烈弾!鎌田大地の移籍後初ゴール
 クラブOBのルチャーノ・ザウリは、ラツィオ専門サイト『La Lazio Siamo Noi』で「想定していたように出場機会を得られていないのはカマダだ」と述べている。

「それは彼のせいでもあるし、チームのパフォーマンスに浮き沈みがあるからでもある。中盤の人員過多の代償を払っているのは確かだ。継続的でないことが、彼の成長を遅らせている」

ラツィオは30日のセリエA第10節でフィオレンティーナと対戦する。フェイエノールト戦で完敗し、批判を浴びたばかりだけに、先発メンバーの人選が注目されるところだ。

ただ、衛星放送『Sky Sport』や『Gazztta dello Sport』紙といった大手メディアやLa Lazio Siamo Noiは、鎌田が再びベンチスタートになると予想している。一方で、『Il Messaggero』紙など、一部メディアは先発出場の可能性を伝えた。

確かなのは、限られた出場機会を生かさなければいけないということだ。鎌田はこの難局を乗り越えられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「魔法の方程式が見つかった」出番激減の鎌田大地、ラツィオ中盤の“最適解”確立で苦境と現地報道「監督はカマダが大好きだが...」 

「育ち悪すぎだろ」内田篤人も驚いた鎌田大地の“素顔”「もっと真面目なのかと思った」 

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?