「クリスマス後までの離脱は間違いない」セルティック指揮官、旗手怜央は最低2か月離脱と明言。アジアカップ出場に黄色信号

Robot Icon

AIざっくり要約

  • セルティックの旗手怜央がチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦で負傷交代し、監督は最低2ヶ月の離脱を明言。
  • 旗手は今シーズン2度目の負傷で来年1月のアジアカップ出場に懸念が出た。セルティックは半分以上の試合を旗手抜きで戦うことになる。
  • 監督は旗手の応援と早期復帰を望みながら、負傷からの回復が最優先だと述べた。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

「クリスマス後までの離脱は間違いない」セルティック指揮官、旗手怜央は最低2か月離脱と明言。アジアカップ出場に黄色信号

今季2度目の負傷離脱となった旗手。(C)Getty Images



 セルティックのブレンダン・ロジャーズ監督が、旗手怜央の怪我の状態について語った。現地紙『Daily Record』が伝えている。

 25歳の日本代表MFは、10月25日に行なわれたチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦(2-2)に先発するも、開始数分で右のもも裏を抑えて座り込み、プレー続行不可能に。わずか7分で無念の負傷交代となった。

 ロジャーズ監督は、アトレティコ戦後に「まだ何とも言えない。(痛めた箇所は)ハムストリングのようだったが、様子を見よう」とのみ語っていたなか、改めて旗手に言及。「正確な時期は分からないが、クリスマスが終わるまで離脱するのは間違いないだろう」と、復帰まで最低でも2か月はかかると明かした。
【画像】深刻さを物語る…悲壮感を漂わせピッチを後にする旗手
「残念だ。彼は今シーズンのスタートが少し乱れていて、今年はリーグ戦の半分を彼抜きで戦う羽目になる。自分のプレーに真摯に取り組んでいるだけに、とても悔しいだろう。ただ、コーチ、監督、メディカルチームなど、ここにいるスタッフ全員が、サポートする。いち早く戻ってくるよう願っているよ」

 旗手は国内リーグ第2節でも、後半から出場すると70分に負傷交代し、1か月の欠場を余儀なくされた。今シーズン2度目の負傷により、来年1月に開幕するアジアカップ出場に黄色信号が灯った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「日本人選手が多いのをどう思う?」英国のセルティックサポーターに“本音”を直撃!「彼らが来てから...」

「なんも面白くねぇよ!くそっ」内田篤人が“優勝しかしていない”日本代表戦士に驚嘆!「そんな選手いる? 全部成功やん」

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?