「韓国最高の才能がフランスで潜在能力を爆発」イ・ガンインのリーグ・アン初ゴールを母国メディア絶賛!「まさに攻守両面で完璧だった」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • イ・ガンインのリーグ・アン初ゴールがPSGの勝利と韓国メディアの絶賛を齎し、プレミア翌日のPSG戦での活躍が評価された。
  • エンリケ監督もイ・ガンインの加入を高く評価し、若い才能として期待するコメントを残した。
  • 記事はイ・ガンインの初ゴールが韓国最高の才能がフランスで更に開花していることを示した一瞬だった、と伝え締めくくった。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

「韓国最高の才能がフランスで潜在能力を爆発」イ・ガンインのリーグ・アン初ゴールを母国メディア絶賛!「まさに攻守両面で完璧だった」

リーグ・アン初ゴールを挙げたイ・ガンイン。(C)Getty Images



 待望の一発が飛び出した。

 パリ・サンジェルマンは現地11月3日、リーグ・アン第11節でモンペリエとホームで対戦。3-0で勝利し、暫定首位に浮上した。

 快勝に導く先制点を決めたのはイ・ガンイン。開始10分、アシュラフ・ハキミの折り返しをボックス内で受けると、自慢の左足でゴール左上に突き刺した。自身にとってリーグ・アン初ゴールだ。
【動画】自慢の左足で決めた! イ・ガンインのリーグ・アン初ゴール
 韓国メディア『Inter Football』は、「左サイドのハーフスペースを着実に攻略して力を発揮した」と、韓国の至宝の活躍ぶりを伝える。

「ハーフライン付近まで降りて守備にも貢献。自分より前に位置するエムバペと共に何度も良いチャンスを作った。左側だけでなく中央に移動して試合調整にも役立った。

 62分間でボールタッチは73回。ここで凄いのは、パス成功率が100%だったことだ。47回で、そのすべてを成功させた。パス成功率100%は、PSGの中で唯一だった。

 キーパスは1回、ロングボールの成功率は100%(2本とも成功)、ドリブル成功率は75%(4回試み、3回成功)、地上での競り合いの成功率も75%(8回試み、6回成功)と、イ・ガンインのスタッツはまさに攻守両面で完璧だった」
 
 同メディアは、ルイス・エンリケ監督のコメントも紹介。スペイン人指揮官は「イ・ガンインは子どもの頃からスペインでプレーしていた選手なので、よく把握していた」とし、賛辞を惜しまない。

「良い補強だと思う。彼が加入して、私もPSGに来た。イ・ガンインはサッカーが好きで、また誰もが好きな選手だ。若くて、才能も情熱もある。攻撃も守備も良いし、プレッシャーをかけられてもなかなかボールを奪われない。私たちが持っている若い才能の1つだ」

 抜群の存在感を示したイ・ガンイン。記事では、エムバペと抱き合う写真を添えて、リーグ・アン初ゴールは「韓国最高の才能がますますフランスで潜在能力を爆発させていることを正しく示している瞬間だった」と評した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「夢のゴールを決めたアサノのショーだ」鮮烈2発の浅野拓磨をドイツ大手紙が絶賛!「日本人にとって最高の瞬間」「時速103キロで右隅に決めた」

「日本の謀略は成功」なでしこジャパン1位、ウズベク2位に中国メディアが皮肉!「中韓は敗退、日本は思惑通りになった」

「活躍すればいいけど賭け」「賛否ある」内田篤人、高校卒業→Jを経由せずに海外挑戦の風潮に見解「宮市も言ってたけど...」
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?