鹿島MF藤井智也に背中を押されて――県内屈指の進学校でプロを目ざす江崎直也の覚悟「勝たせられる選手になりたい」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 江崎直也は美濃加茂高に0-1で敗れた長良高の新星MFで名古屋グランパスU-15から転school。
  • 江崎は長良高に転schoolした理由を互U-15昇格不可能と知りプロを目指した藤井智也に助けられた。
  • 江崎は文武両道に努力しながら勝たせる選手になることを決意。長良高と共に成長を目指す。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

鹿島MF藤井智也に背中を押されて――県内屈指の進学校でプロを目ざす江崎直也の覚悟「勝たせられる選手になりたい」

長良高の期待のルーキー江崎。選手権予選は準決勝で敗退も、この悔しさを糧にさらなる成長を誓う。写真:安藤隆人



 選手権岐阜県予選の準決勝、県内屈指の進学校である長良高は、近年は本格的な強化に乗り出している美濃加茂高に0-1で惜敗し、ファイナリストになることはできなかった。

 ただ、この試合では4人の1年生がスタメン出場し、全員が大きな存在感を放つなど、今後に向けて明るい材料が多かった。そのなかの1人であるMF江崎直也は、名古屋グランパスU-15からやってきた期待のルーキーだ。

 美濃加茂高戦では右サイドハーフで出場したが、江崎の本来のポジションはサイドバック。安定した守備力を武器にしながらも、「自分に足りない攻撃力を磨くチャンス」と前向きに取り組んでおり、その成果は着実にプレーに現われていた。

 激しいアップダウンに加え、攻撃に切り替わった瞬間に田中梨聖と竹田陵人の1年生インサイドハーフと連係すれば、スペースを作るフリーランニングや正確なパスで攻撃にアクセントを加える。ゴールには結びつかなかったが、2度のチャンスの起点となった。

 彼ほどの能力を持っていながら、なぜ全国未経験で多くの3年生が大学受験に専念するために抜けてしまう長良高に進学したのか。それは複数の理由があった。
 
 江崎は岐阜県各務原市で生まれ育ち、中学進学と同時に名古屋U-15に加入。日本クラブユース選手権U-15や高円宮杯U-15リーグ東海で途中出場ながら出番を得ていたが、U-18に昇格できずに、最後の高円宮杯JFA全日本U-15選手権大会では、ベンチ入りしながらも、1分も出場することができなかった。

 昇格できないことが分かった時、江崎には岐阜県の強豪校はもちろん、県外の複数の強豪校から声がかかった。その時は県外の高円宮杯プレミアリーグに所属する高校に進むことを決断し、練習参加もしてOKをもらっていた。

 しかし、「グランパスではあまり試合に出ることができず、周りの選手が頑張って僕が出るという感じだったこともあり、だんだん自分の中で『僕が中心選手となってチームを勝たせるような選手になりたい』と強く思うようになりました。もし強豪校に進んだら、僕は勝たせられる存在ではなく、勝たせてもらう立場のままだと思った」と、徐々に違う選択肢を考えるようになった。

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から18代目の凛美まで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!

 そのなかで、4歳上の兄が長良高に通っていた縁もあり、1年生の時から試合に出て中心となりながらも、「サッカーだけでは僕の進路を狭めてしまうと思った」と勉強でも上を目ざす選択肢が浮上した。

 そして、この葛藤から決断を下す決定打となったのは、長良高から立命館大を経てJリーガーとなり、現在は鹿島アントラーズに所属するMF藤井智也の存在を知ったことだった。

「悩んでいた時に、お父さんが藤井選手の高校時代の努力やプロになる経緯が書かれていた記事を見せてくれたんです。藤井選手は1人で勉強の合間を縫って、自主練習を黙々とやったり、仲間に頼んでひたすらドリブルを磨いたり、相当な覚悟を持って、ずっと努力をし続けてプロになった。

 それを読んだ時に、頑張ることができる人であれば、環境はどこであっても頑張ることができる。僕もプロになりたいという思いはずっとあったのですが、『公立を選んだ時点で無理だ』と思ってしまっていたので、藤井選手に『不可能なことはないんだ』と背中を押してもらった気がしました」
 
 決断を下した江崎は今、文武両道に身を置きながら、覚悟を持ってピッチに立っている。

「今日のような試合(美濃加茂高戦)でゴールやアシストをしてこそ、勝たせることができる選手だと思うので、まだまだなれていないのが現実です。もっともっと成長して、来年こそ勝たせられる選手になりたいと思っています」

 結果はすぐに出なくても、コツコツと日常を積み重ねた先に、輝かしい未来がある。藤井が教えてくれたことを胸に、江崎は目標に向かって、前だけ見つめて走り出している。

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

「活躍すればいいけど賭け」「賛否ある」内田篤人、高校卒業→Jを経由せずに海外挑戦の風潮に見解「宮市も言ってたけど...」

【出場校一覧】第102回選手権|全都道府県の代表校&決勝スケジュールを一挙にチェック!

「意味わからんくらい凄い」「神」久保建英、王者バルサを翻弄した“鬼キープ”にファン驚愕!「めっちゃイニエスタ感ある」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?