韓国代表、アジア杯の優勝賞金は1人約580万円!「開幕前に決まるのは異例。それだけトロフィーが切望されている」と現地報道

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 韓国サッカー協会は来年1月のアジアカップで優勝する選手には1人580万円を支給することを決定した。
  • 64年ぶりの優勝を目指す韓国は賞金設定のタイミングに注目が集まるものの、過去の結果からニンジンになる可能性がある。
  • 韓国はグループステージではバーレーン、ヨルダン、マレーシアと対戦し、望む結果を出せるか注目される。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

韓国代表、アジア杯の優勝賞金は1人約580万円!「開幕前に決まるのは異例。それだけトロフィーが切望されている」と現地報道

アジア杯で64年ぶり3度目の優勝を目ざす韓国。(C)Getty Images



 韓国サッカー協会(KFA)は11月14日、ソウル鍾路区のサッカー会館で理事会を開き、主要国際大会における賞金の支給額を確定した。

 来年1月にカタールで開催されるアジアカップで優勝すれば、参加選手たちには1人あたり5000万ウォン(約580万円)が支給されることになった。ユルゲン・クリンスマン監督ほか代表チームのスタッフには、選任契約時に結んだ条件に応じて別途支給されるという。

 また、先のアジア競技大会で3連覇を果たしたU-24韓国代表の22選手には、1人当たり2000万ウォン(約230万円)が支給されることも決まった。

 アジアカップで韓国は、1956年の第1回大会と60年の第2回大会で連続優勝。その後はタイトルから遠ざかり、64年ぶりのアジア王者を目ざしている。同国メディア『ニュース1』は、「大会の開幕前に賞金が決まるのは異例で、それだけトロフィーが切望されている証拠だ」と報じる。
【PHOTO】ついに始まるW杯アジア2次予選、ミャンマー&シリア戦に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介!
 記事では、このタイミングでの賞金設定の“舞台裏”にも言及する。

「KFAのある関係者は『賞金を事前に確定したカタール・ワールドカップの時に結果が良く、今回も大会を控えて決めたようだ』と明らかにした。KFAは昨年のカタール・ワールドカップの約6か月前に賞金を確定。選手たちは“ニンジン”のおかげか、ワールドカップで12年ぶりに16強進出という成果を出したことがある」

 今回のアジア杯でも望むような結果を出せるか。韓国はグループステージでバーレーン、ヨルダン、マレーシアと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「最も優れた戦力を保有している」アジア杯の優勝候補、各国記者アンケートでダントツは日本! 韓国メディア集計「優勝するには最高のタイミング」

【PHOTO】9頭身の超絶ボディ! 韓国チア界が誇る“女神”アン・ジヒョンの悩殺ショットを一挙チェック!

「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?