「言い方が合ってるか分かんないけど…」東京五輪世代のキャプテン中山雄太、A代表初の大役で感じたことは?「誰がやってもいい」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 日本代表のミャンマー戦で主将の遠藤がベンチスタートとなり、26歳の中山がA代表初のゲームキャプテンを務めた。
  • 中山は年代別代表でもキャプテンを務めてきたが、A代表では責任感がより強かった。誰がキャプテンでも発言は同じだと語る。
  • 中山は自然体で強烈なキャプテンシーを発揮し続ける。日本代表は5-0でミャンマーを破った。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

「言い方が合ってるか分かんないけど…」東京五輪世代のキャプテン中山雄太、A代表初の大役で感じたことは?「誰がやってもいい」

キャプテンマークを巻き、左SBでフル出場した中山。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)



[北中米ワールドカップ・アジア2次予選]日本 5-0 ミャンマー/11月16日/パナソニックスタジアム吹田

「これは予想できないわ」

 日本が5-0で大勝したミャンマー戦のキックオフ1時間前。スタメンが発表され、記者室でちょっとした驚きの声が上がった。

 主将の遠藤航がベンチスタートのなか、中山雄太がゲームキャプテンを務めることに対してだ。先発は割と順当であったのに対し、先月の代表活動でおよそ1年ぶりの復帰を果たした26歳が腕章を巻くことは、サプライズだった。

 ただ、振り返ってみれば、本大会こそオーバーエイジで出場した吉田麻也に譲ったものの、中山は東京五輪世代でキャプテンを担っていた。

 それでもやはり、A代表での大役は別格なようだ。左SBでフル出場した中山は試合後、その重みについてこう語った。

「何回か年代別でキャプテンマークは巻きましたけど、今回A代表初で、責任感はより一層感じました。言い方が合ってるか分かんないですけど、やっぱり特別だなと感じたので、嬉しかったですし、その分、責任やチームのマネジメントを意識するものは多かったです」
【動画】上田夫婦の仲睦まじいやり取り!
 一方で、「僕の考え的には、誰がやってもいい」とも伝える。

「オリンピックでは麻也君が巻きましたけど、別に僕は、巻こうが巻かまいが、思ったことは発言しようと思っていました。チームが良くなるなら、どんどん発信していこうってタイプなので。それがこう形になって、今日は担う形になりましたけど」

 中山はあくまで自然体で、強烈なキャプテンシーを発揮し続ける。

取材・構成●有園僚真(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】日本代表のミャンマー戦出場16選手&監督の採点・寸評。2人に7点台の高評価。MOMはハットトリックのFW
 
「あくびが出るほど退屈」再び日本に惨敗を喫したミャンマー、ファンは落胆「サッカーを教えられている」「またしても被害に遭った」

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?