ミャンマー戦で興味深かった田中碧のアンカー起用。光った真骨頂の配球力、ポジショニング、見る力

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 日本代表はW杯アジア2次予選でミャンマーを5-0で下し圧勝スタートを切った。
  • 田中碧がアンカーとして起用され、自由に動きながら正確なパスで攻守を結び付けた姿が印象的だった。
  • 一方でミャンマーは再び日本に大敗を喫し、ファンは落胆の意を表した。田中のアンカー起用は今後も面白そうだと指摘された。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

ミャンマー戦で興味深かった田中碧のアンカー起用。光った真骨頂の配球力、ポジショニング、見る力

ミャンマー戦に先発した田中。中盤を支えた。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)



[W杯アジア2次予選]日本 5-0 ミャンマー/11月16日/パナソニックスタジアム吹田

 2026年北中米ワールドカップへ向けたアジア2次予選の初戦でミャンマーと対戦した日本代表は5-0で快勝。

 日本は試合序盤から相手を押し込み、ワンサイドゲームを展開ししてみせた。ミャンマー戦では、5日後のサウジアラビアで開催されるシリア戦も睨み、久保建英や遠藤航をベンチに温存。中盤で先発したのが田中碧、南野拓実、鎌田大地の3人である。

 この新トライアングルは、田中を後方に、南野、鎌田が中央でパスを引き出し、連係しながらミャンマーの守備陣を翻弄。鎌田は左足で美しいミドル弾を決め、南野は上田綺世のふたつのゴールを導き出している。

 もっとも興味深かったのは、そのふたりへの縦パスを出し入れしながら、サイドチェンジも活用してボールも、相手も動かした田中の配球力である。

 かつて川崎時代にもアンカーでプレーする姿はあったが、当時は攻守に幅広く動き回るプレースタイルと、アンカーというポジションの融合に苦戦している印象もあった。

 ただミャンマー戦では、相手が自陣に引いてくれた影響もあっただろうが、相手と味方を見ながら、人と人の間にポジションを取ってパスをもらい、出せばすぐに動いて、再びボールの拠りどころとなる真骨頂を示し、アンカーとしては興味深い働きを提供したのだ。

【動画】南野の絶妙パス→上田ヘッドで先制!
 
 4-3-3と4-2-3-1を併用する森保ジャパンにあって、アンカーは遠藤航、もしくは守田英正が務める回数が多かったが、配球力という点では田中を今後起用しても面白いように映る。

 インサイドハーフに回り、ゴール前に何度も走り込むなど生き生きとした後半の姿を見ていると、やはり、自由に攻守に動く役割のほうが、彼の得点力を生かせるのかもしれない。

 それでも個人的には“アンカー・田中碧”をより見てみたいと感じる、ミャンマー戦のパフォーマンスだった。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】W杯2次予選ミャンマー代表戦に駆け付けた日本代表サポーターを特集!(場内編)

【日本5-0ミャンマー|採点&寸評】難しいアジア予選初戦で圧勝スタートも、力の差を考えて7点台は2人のみ。MOMは文句なしでハット達成の9番

「あくびが出るほど退屈」再び日本に惨敗を喫したミャンマー、ファンは落胆「サッカーを教えられている」「またしても被害に遭った」
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?