典型的な“アジアの戦い”となったミャンマー戦。上田綺世のヘッド弾に至るまでの布石や流れには見るべきものがあった

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 日本代表はミャンマー代表とW杯アジア2次予選で対戦、24シュートを放ち5対0で勝利した。
  • 上田綺世はハットトリックを達成、1点目のヘッディングシュートは流れが美しく意識の共有が見られた。
  • 次の試合はシリアと対戦し、攻撃面での課題は精度と質の向上、環境の違いでカウンターのリスクもある。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

典型的な“アジアの戦い”となったミャンマー戦。上田綺世のヘッド弾に至るまでの布石や流れには見るべきものがあった

個々が狙いを持って動き、最後は上田が仕上げる。崩しのイメージとしては美しい流れから生まれた先制点だった。(C)SOCCER DIGEST



[W杯アジア2次予選]日本 5-0 ミャンマー/11月16日/パナソニックスタジアム吹田

 引いた相手をどう崩すかという、本当にアジアの戦いを地で行くような試合展開で、日本は24本のシュートを記録して5得点。通常であれば、早い時間に1点取れれば相手も攻撃的にならざるを得ないが、ミャンマーは5-4-1のシステムと守備的な姿勢を崩さずに戦い続けたこともあり、大量得点で勝利するのは難しかったことは間違いない。

 それでも5つのゴールを含めて、ボールを回しながら一瞬の隙やギャップを生み出し、そこを突いて行くという意識の共有とクオリティの部分は前向きに評価できる。

 たとえばハットトリックを達成した上田綺世の1点目はヘディングシュートによるものだが、そこに至るまでの布石や流れという意味でも、見るべきものがあった。

 右サイドで堂安律が起点となり、そこから鎌田大地が中央にカットインして、パスを受けた南野拓実がボックス内に浮き球のボールを入れる。そこに上手く動き出した上田が合わせるという形だが、選手の意図を一連のプレーから読み取りながら解説したい。

 まずは5バックの相手を崩すための布石として、ワイドのトライアングルがある。このシーンでは右サイドバックの毎熊晟矢が堂安の内側から上がって深みを作り、その右外側でボールを持った堂安から斜めのバックパスを鎌田が受け取り、その間に中央の田中碧が縦に受ける動きをすることで、1トップのエイン・テッ・アウンを引きつけて、鎌田がカットインするコースを作った。

 鎌田にはウェ・リン・アウンが付こうとするが、お構いなしにスピードに乗ると、左手前に引いていた南野が鎌田からボールを受けた。この時、上田はディフェンスラインの手前にいて、左サイドで幅を取る相馬勇紀より少し低い位置だったが、南野が受ける瞬間に、ミャンマーのディフェンス陣が揃ってボールウォッチャーになる状況を逃さなかった。

 南野は「ああいうブロックで固められるとなかなか細かいパスは難しい。チップのボールは、綺世が動き出しを得意としているし、それが見えたので、そこに出せて良かった」と振り返るが、出し手と受け手のイメージが一致して生まれた形だろう。
【動画】南野の“送り届ける”ラストパスから上田がヘッド弾
 5バックのリベロ的なポジションにいたチョウ・ミン・ウーは鎌田がカットインする流れで、上田に対する縦パスを警戒して前に出ていたが、南野にボールが出たところで、最終ラインに戻る。

 南野は少しタメを作って、上田が裏を狙う動きに合わせて浮き球のボールを送った。浮き球と言っても、放り込むというよりは送り届けるようなボールであり、最終的に付いてきた右センターバックのテッ・エイン・ソーは競り合いにも行けなかった。

 非常に高い打点のシュートで、そこだけ切り取ると強引に見えるが、崩しのイメージとしては美しい流れから生まれたゴールだ。

 上田は「スペースがないなかでも、背後の動きでわずかなスペースを作る。自分が受けるのもそうだけど、それを継続的にやる意識を持っていた。ど真ん中だったけど、良い形でボールをもらえた。あれはボールが良かった」と語る。

【PHOTO】日本代表のミャンマー戦出場16選手&監督の採点・寸評。2人に7点台の高評価。MOMはハットトリックのFW

 2点目は鎌田による遠目からの鮮やかな左足シュートだったが、谷口彰悟からのパスを含めて、事前の動かし方から目の前のスペースとシュートコースを見逃さなかったことで生まれたゴールだった。

 前半を締め括った3点目は、相手のファウルからのリスタートが起点となったが、堂安が右ワイドでボールを持つ状況で、さらに右外を毎熊が走り、ミャンマーのディフェンスがクロスをケアしようとするのを見越したように、堂安のスルーパスが上田の動きと一致して、ニアゾーンを突いた見事なゴールに繋がった。

 後半に挙げた2つの得点を含めて、狙いを感じさせる攻撃というのは、ここから先の予選やアジアカップで必ず生きてくるだろう。
 
 欲を言えば、もっと点が取れた試合かもしれないし、そのためには精度と質を高めるという課題に尽きてしまうのだが、毎回組んでいるわけでもないメンバーで、この時点でこれだけ狙いを出せたということでは、ポジティブな試合だったと言える。

 次節はサウジアラビアのジッダでシリアと対戦する。環境の違いや相手のフィジカルの強さによるカウンターのリスクも増すなど、違った難しさが出てくることは間違いないが、攻撃面において向き合うテーマは、そう大きく変わらないはずだ。

取材・文●河治良幸
 
ミャンマー戦は“歪”の一言に尽きる。相手は「何点差で日本に負けるか」が勝負。選手の経験にはなったが…

GKを代える余裕があるなら...“最後の交代枠”で起用してほしかった日本代表戦士
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?