<2019ベストヒット!>内田篤人に訊いた久保建英のレアル移籍「東大に行ける人を――」と独特の表現でコメント|Jリーグ編

<2019ベストヒット!>内田篤人に訊いた久保建英のレアル移籍「東大に行ける人を――」と独特の表現でコメント|Jリーグ編

レアル・マドリーへの移籍が決まった久保について、内田は「芯がありそうなコメントもしているし、頭も良さそうだし」とその印象を語る。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 2019年の名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返るこの企画。今回は、今年のサッカー界で外せないニュース、久保建英のレアル・マドリー移籍(その後レンタルでマジョルカへ移籍)を取り上げる。数多くある記事の中でも異彩を放ったのが、この内田篤人のコメントだった。世界を知る内田が独特の表現で語ったのは……。

記事初掲載:2019年6月15日

――◆――◆――

 毎度、申し訳ないと思う。
 
 鹿島のホームゲームで試合後、内田篤人を捕まえて、話を聞く。今は実戦復帰に向け、懸命にコンディションを整えている最中。試合に絡めていない状況だが、内田はいつもこちらの問いかけに応じてくれる。しかも今回は、鹿島とはまったく関係のないテーマ。チームがC大阪に2-0で完勝した直後、「久保建英のレアル・マドリー移籍についてコメントを……」と、ぶしつけな質問を投げかけたが、それでも内田は真摯に答えてくれた。
 
「いろんな人が注目して、騒ぎすぎだ、騒ぎすぎじゃないだ、となっていて、でも、注目されて当たり前というのはあると思うけど、久保くんからすれば、そのコメントを見るかぎり、別に心配はないような。芯がありそうなコメントもしているし、頭も良さそうだし。技術だったり、18歳であれだけできれば、それは凄いよね」
 
 先の日本代表のエルサルバドル戦で67分に途中出場し、18歳と5日という歴代2位の若さで代表デビューを飾った俊英は、いくら周囲が騒ぎ立てても、世界というフィールドで自らの立ち位置をしっかりと客観的に見ることができているはずだと、内田は推察する。

「長谷部(誠)さんや岡崎(慎司)が言っているように、18歳であのレベルの選手は、たしかに(世界には)ゴロゴロいると思う。でも、それは久保くんも知っているはず。周りが何を言おうと、気にしないんじゃないかな」
 
 欧州のメガクラブ移籍については、独特の表現で後押しする。
 
「もともと、向こうにいたわけだけど、もっと早く日本を、ね。だって、日本でレアルのレベルでやっている人がいない以上、レアルに移籍するような選手を育てられないのでは。だから、行ったほうがいい。例えて言うなら、東大に行ける人を教えるには、それに見合った先生じゃないと、とは思う。大事にしないといけないんだから」
 
 最後には、数多くの若き才能を見てきた内田なりのエールを送る。
 
「まだ若いから、この先どうなるか、分からない。同年代で天才と言われても、何人もそのまま上に行けなかったり。まあ、それと一緒にされても久保くんは困ると思うけど。こういった、たわごとを気にせずに(笑)、頑張ってほしいよね」
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

関連記事(外部サイト)