「今冬の移籍も可能性がある」香川真司に米MLSからオファー。本人は残留を望むが、サラゴサは売却を希望?

香川真司にメジャーリーグサッカーのクラブからオファーか サラゴサが認めたと報道

記事まとめ

  • 昨夏、サラゴサに移籍した香川真司にMLSのクラブから獲得の打診が届いたと報じられた
  • サラゴサ番記者によると、MLSからオファーが来たことをクラブ側も認めたという
  • クラブ側は無理に引き留めようとはしないようで、移籍の可能性があるよう

「今冬の移籍も可能性がある」香川真司に米MLSからオファー。本人は残留を望むが、サラゴサは売却を希望?

「今冬の移籍も可能性がある」香川真司に米MLSからオファー。本人は残留を望むが、サラゴサは売却を希望?

今冬の移籍市場での動きが注目される香川。 (C)Mutsu FOTOGRAFIA



 昨夏にブンデスリーガのドルトムントからスペイン2部のサラゴサに移籍した香川真司。新天地を求めてまだ6か月だが、スペイン紙『AS』が、1月10日付けで「メジャーリーグサッカー(MLS)のクラブから香川獲得の打診が届いた」と報じた。

 同紙のサラゴサ番記者であるペドロ・ルイス記者によれば、クラブ名は明かされなかったものの、MLSからオファーが来たことをクラブ側も認めたようだ。当初、香川は今冬にサラゴサを離れることは考えていないが、「彼自身のパフォーマンスとクラブの事情により、その計画は変更され、移籍の可能性がある」と指摘している。

 香川はシーズン前半で2ゴール・1アシストに終わり、期待されたようなパフォーマンスを披露することができず、先発から外れる試合が多くなっている。さらに、サラゴサでは11月にアタッカーのハビ・プアドがエスパニョールから期限付き移籍で加入し、1月の移籍市場では、前線の左サイドを主戦場とするアンドレ・ペレイラを補強。今後も、前線の競争は激しさを増すことは必至だ。

 そのため、もし移籍市場がクローズする31日までに香川の気持ちが変わった場合、クラブ側は無理に引き留めようとはしないようだ。給与面でのクラブの負担も大きく、香川を売却した金額で、さらなる補強に繋げたいという方針もあるという。

 先日、トルコのメディアはガラタサライのファティフ・テリム監督が香川の獲得を望んでいるという報道もあった。香川自身はSNSを通じ、クラブの昇格という夢のため、シーズン後半での奮起を表明していたが――。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)