【連載・東京2020】立田悠悟/後編「先を行く冨安健洋の存在『いつ追い越せるか分からない。それでも…』」

【連載・東京2020】立田悠悟/後編「先を行く冨安健洋の存在『いつ追い越せるか分からない。それでも…』」

今年でプロ4年目を迎える。立田にとって”五輪イヤー”は大きな転機になる可能性も。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)



 2020年7月に開催される東京五輪。本連載では、本大会での活躍が期待される注目株の生い立ちや夢舞台への想いに迫る。

 8回目は、190aを越える長身と身体を張った豪快なシュートブロックが光る立田悠悟が登場。

 清水区で生まれ育ち、そのまま清水のジュニアユース、ユースを経て2017年にトップチームに昇格。世代別代表にはU−17代表からいつも名を連ねてきた。しかし本人は決してエリートではないという。なぜ立田は世代屈指のCBに成長できたのか。

 後編では、プロの舞台を現実的に考え出した高校2年生からプロ入りしてからの苦悩や葛藤、そして東京五輪への想いも語ってくれている。

前編はこちら
【連載・東京2020】立田悠悟/前編「『あいつらはみんな命懸けだった』サッカー観を変えた恩師の問いかけ」

中編はこちら


───◆───◆───
 
――年代別の日本代表に初めて入ったのも高校2年生の時ですね。
「初めは『なぜ僕が』って感じでした。正直プレミアリーグでのプレーは酷かった自覚がありましたから。でもU-18のSBSカップやU-17日本代表の遠征に参加させてもらって、海外の選手に対してもやれるんだと多少分かったしし、自信がつきました」

――その頃からトップ昇格を意識し始めたり?
「その時もそんなに考えてなかった。というか、自分がトップに上がれるなんて思ってもいなかったです」

――プロへの意識が芽生えたのはいつ頃?
「高2の最後に豪とふたりで、トップチームの鹿児島キャンプに呼んでもらえた時ですね。何もできなかったですが、それからプロでやりたいという気持ちがやっと強くなってきました」

――それから3年生になって、今度は自分がユースチームを背負う立場になります。どんな想いでプレーを?
「キャプテンは平松昇(立正大)でしたが、僕は副キャプテンだったので、ゲームキャプテンをやることも多かった。僕がやらないといけない、僕が周りを動かさないといけないとチームを引っ張ろうという気持ちはありましたし、下の年代に尊敬されるのも大事だと思っていたので、責任感はすごく増しました。プレー面でも、できることがかなり増えていって、すごくやりがいを感じていたし、自信も深まってきていた。そういう意味では精神的な余裕はありました」

――たとえば、どんなプレーができるように?
「ひとつはカバーリングです。先ほども言ったように、(村松)航太くんから学べて、すごく伸びました。最後に身体を張って守るとかはDFなら当たり前ですが、その当たり前ができてなかったところはあった。だから航太くんのプレーはすごく勉強になったし、自分も前よりも確実に成長していると実感できた」

――プロ入り後の立田選手のことを平岡宏章監督に聞いた時、悠悟は最後まで頑張り切れるというか、気持ちを出し切れるのがいいと言っていました。
「そこは持ち味というより、当たり前のことなのかなって。今も自分のできることなんて限られているし、それをやらなきゃ自分がいる意味はない。だから、昔と変わらずやれることを全力でやっているだけという感じですね。今はユース時代より格段にやれることが増えているので、成長はできているけど、もっともっとやれることが増やして、幅の広い選手になりたいです」

――プロになって変わったのは?
「ユースの頃よりも自主練をするようになりましたね。ユースだと時間があまりなかったので。そこがいちばん変わったところかな。特に1年目は、ほとんど試合には出られないし、練習でも通用しなかった。ユースで10割のうち7〜8ぐらいまで上っていたようなのが、また1に戻った感覚でした。そこで何ができるかって言ったら、もう人より練習するしかない。とにかく毎日自主練は欠かさないようにしています」

――プロ1年目は、阪倉裕二コーチ(当時)と居残りでずっとヘディングの練習をしていましたね。
「それが今に活きているし、自分の強みになってきているのかなと。そこで負けたら自分ではない。だからこそ試合に向けての準備は人一倍しています」
 
――その準備というのは、頭の中も含めて?
「そうですね。視野がいろんなところに広がった分、考える量も増えましたし、考えてやれることも増えてきたので、そこはプラスに捉えています。それをもっと整理して、余裕を持って、周りにも伝えられるようになれば、もっと良くなる。あとは怪我しないように準備しているつもりです。それも当たり前のことですけど、そういう細かいところから気を抜かないように」

――プロ1年目のシーズン終盤には、ヘディングの飛距離がかなり伸びたらしいですね。
「練習の成果もあるし、身体が大きくなったというのもあります。ユース時代の映像を今見るとビックリするくらい細かったですが、プロに入って練習量が増えた。食べる量も増えたし、筋トレもするようになって、体重が1年目から7〜8`くらい増えたんです。体幹トレーニングも先輩に勧められてやり始めて、今も続けています。そういったことがヘディングの飛距離につながっているのかなと。自分の体重を支えられる筋力がついてきて、身体のコーディネーションも良くなったので、ユースの頃よりも速く動けるようになってきましたね」

――プロになってからも身長が伸びて実際には190aを越えていたのに、昨年まで189aで通していたようですね。なぜですか?
「190aというのになんか抵抗があったんですよね。サッカー以外の生活では不便なことのほうが多いですし、大き過ぎて引かれるというか(笑)。でも、海外移籍なんかを考えると、190aを越えているほうがアピールになるかなと思って、今は測った通り(191a)にしています」

――身長だけでなく、選手として着実に成長していることは間違いないですね。
「一気にガーンと上がれば一番良いですけど、そういう飛び抜けた才能もないし、昔から凄かったわけではないので、コツコツやるしかないですよね。苦しくてもやり続けてきたからこそ、今の僕がある。だからそういう姿勢はこれからも持ち続けたいです」

――コツコツやり続ける根気みたいなところには自信があると?
「そうですね。続けられている自分が好きですし、そこは自分の強みですから」
 
――話は変わりますが、東京五輪に出たいと意識し始めたのはいつ頃からですか?
「東京で五輪をやると決まった瞬間から、自分は世代的に入っているな、出たいなと思っていました。そして、実際にこの世代の代表に入り始めてから、その想いはもっともっと強くなってきました。今は五輪までもう1年もないので、なんとしても出たいという気持ちが強いです。ただ、出るだけでなく、出て何ができるかというのが大事。そのための準備は本当にしっかりやりたいです」

――出場して活躍するための課題は?
「正直今のままじゃ全然ダメだと思っています。海外の選手をどうやって止めるのかを考えると、アジリティの部分で、もっともっと俊敏に動けるようにならないといけないし、もっと身体を大きく強くしないといけない。本当にやるべきことが多いと思います。それをひとつひとつクリアしていかないといけないし、自分のことなので自分でなんとかしていくしかありません」

――2019年シーズンのJリーグでは1対1で止め切れなくて失点するシーンもあったし、1年間レギュラーを張り続けられなかった。やはり悔しさも?
「もちろんです。18年は右サイドバックとして多くの試合に出させてもらった。サイドバックでやれていたんだから、得意のセンターバックだったらもっとやれると思っていた自分がいたんですよ。ところがプロで経験するセンターバックってやっぱり求められるレベルが違った。守る範囲が急激に広くなって、全てへし折られたというか。ユース時代にカバーできたところもプロではなかなかついていけない。準備不足や考え方の問題もあるし、自分で難しくしてしまった1年だったかなと。でも悔しい思いをした分、2020年はもっとやってやるという気持ちはすごく強くなっているので、来年以降にその想いをつなげたいです」

――そこで、ヘコむ男ではないと。
「まあ……メンタルは強くないので、ヘコむ時はヘコみますよ。だけどいつまでも落ち込んではいられないし、そんな暇もない。その間に同い年のライバルたちは海外に行って、トップレベルの舞台で評価を受けて、A代表でもプレーしている。そう考えると、悔しがっている暇があるなら練習しろよって、自分で言い聞かせることができる。だからまだ腐っていない」

――A代表で言えば、同い年で同じセンターバックの冨安健洋選手も選ばれています。そういう選手たちにこれから追いつくぞという気持ちですか?
「早く追いつきたいし、早く追い越したい。そのためにはチームで結果を残すことも必要ですし、海外に出るのもそうだし、やらなきゃいけないことはたくさんあります。いつ追いつけるか、いつ追い越せるかわからないですが、それでも自分はコツコツやり続けるしかないんです」
 
――では最後に、東京五輪に向けて意気込みを聞かせてください。
「僕にとって東京五輪はすごく大きな大会です。その後の人生を左右するものだと思っています。もちろん五輪で終わる選手にはなりたくない。あくまで五輪は通過点で、その先に自分の目標があります。ただ今はまず五輪に出場する目標を達成できるように、日々の練習を大事にして頑張っていきたいです」

PROFILE
立田悠悟/たつた・ゆうご/1998年6月21日生まれ、静岡県出身。191a・81`。入江SSS―清水クラブSS―清水Jrユース―清水ユース―清水。清水ユース出身の長身センターバック。2017年12月の森保ジャパン発足時からコンスタントにメンバー入りし、2018年のアジア大会では準優勝に貢献した。2019年5月のコパ・アメリカではA代表デビューも果たしている。

取材・文●前島芳雄(スポーツライター)

関連記事(外部サイト)